<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「お知らせ」をかねて…

いや~、驚き。
自分が作創ったブログなのに、置き忘れた物ような扱いをしてしまった…。
8月から、とは。

書きたいネタは、山ほどあります。
① 札幌に行ってしまった仲間と、何十年かぶりで連絡が取れて、すぐに「仕事」の発注ができたこと。
その成果が本日メールでとどいた歓びは、ひとしおでした。

② 抗がん剤の薬を変更しましたが、体に残っていた昔の薬が出てきて、副作用との戦いが大変です。こんな体験をしていると、「ことばの世界観」がますます広がっています。生きること、そのことばたちとの出逢いが毎日毎日続きいています…。
それに伴う、現実の「人間関係の変化」とその「現実」。まあ、ボクのことばが変化しているので、そうなっていくのでしょう…。

③ 塾の開設25年目を記念して、初の「忘年会」みたいなことをします…。
「かつての地方都市・赤羽いけ増での会食会」と題して、「ユーガット常連出演者」との「お座敷クラシックコンサート」を実施しちゃいます。

④岩崎家(三菱グループ創始者)のゼミである「東洋文庫」は、小石川高校の隣にあります。ボクはここの長年の会員で、「ことばに関するゼミ」があったときは、のぞきに行ってました。で、ハッと気がついたのです、というよりひらめいた…。ボクの「塾」と、「東洋文庫アカデミア」がしていることは、似ている、ということです。
で、お互いに話し合いをしましたら、「会員費用」は、ボクの塾生に限りいろいろとサービスしてくれました。それよりもっとすごいのは、東洋文庫に所属なされておられる諸先生方の中から、ボクの塾が提案する内容の授業が出るとこになりました。10月にはその第1回「マルコポーロの東方見聞録(貴重な実物本)」を見せていただきながら、原文のことばをみんなで読んでみました。第2回目は12月14日で「漢字の誕生とその変遷」をテーマに授業をします。白川静先生の講義をボクは遂に参加できなかったことが生涯の悔いになっています。なので、どうしてもその後を知りたい、とのボクの個人的な要求から生まれたのが「ことばの塾と東洋文庫の共同ゼミ」です。
ただ、平凡社出版の「東洋文庫シリーズ」とは、無関係なので。ボクも「平凡社の東洋文庫会員」ですが、「東洋文庫アカデミア」とは全く別のですので、くれぐれも間違えないように、ね。

と、まずは文章だけ。写真は後ほど。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2014-11-20 10:30 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル