<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「卒業の朝」の次に…

ケビン・クラインの主演した「卒業の朝」は、長年高校教師をする男の物語だ。
長年教師をしていれば個性ある様々な生徒達と出逢う。家庭環境も違い、体力的にも差があり、学業に熱心な生徒もいれば怠ける生徒もいる。教師に対して従順な生徒もいれば抵抗する生徒もいる。努力したり、怠けたりもする…。教室とは、視点を変えてみるとまるで社会の縮図でもある。
長い間、教師をしていた男にやがて教え子が家庭を持ち、自分の息子をこの教師の指導を受けさせる…というところで物語は終わっていた。

教師は長年の経験から自分の失敗をよく知っている。その失敗をなんどもなんども悔いる。ただ、人間的個性は年を取っても変わらない。教育方針はすこしも変わっていない。指導法のやり方に変化をもたらす。いい話だ、とおもった。

長い間同じことをしているとケビン・クラインが演じた教師の心境にも似たことが実際に起きる。
つい先日だった。
新潟の八百屋さんに嫁いだ女性から電話があった。出会った時はまだ彼女が学生だった。実家は東京で、その学校は六本木にあった。都会ッ子だ。その彼女が通いはじめた塾で男性と出逢い、やがて結婚して、彼の実家である新潟に嫁ぐ。通った塾で出逢った仲間達ともその後連絡を取り続けていたようだ。
その仲間達の中に、少々暴れん坊の青年がいた。学業は苦手だったようだが、話してみると大変情の深い男だった。仲間、友達を大切にしていた。そして、働くことを惜しまない。そんな青年がいた。
八百屋になった女性の電話は、その青年が今は事業に成功して塾で学んだ全てを生かして仕事をしている、というのだ。そして、その息子を塾に通わせたい、という相談だった…。実際にその息子さんが通うかどうかは本人次第だが、ただ、息子さんはすでに30才だという。東京の飲食店を任せているという。

青年の頃出逢った人たちが、自分の子供を自分が通った塾におくりたい、という。いい話だなあ…と、あたたかい気持ちになる。長い間、同じことを続けている人たちにはこうした特別の「仕事の報酬」があるものなのかもしれない…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2010-09-29 10:09 | 日記

韓国からの届いたお茶

e0013640_23165690.jpgどうです! 
このブログの伝達能力たるや、すばらしい!

はやくも、です。
韓国のお茶が届いちゃったのよ、ね。

例の柿のお茶です。
さっそくいただいたのですが、ちと、違う…。
うすいのかも…と、
2つ入れて味わってみると濃さはボクに丁度いいです。

少量のお湯で溶いてから、一気に氷にぶっかけて冷やす。アイスティーを創る要領で。

うまい!

これだけあれば、1週間は韓国ムードが楽しめるというもの。
ハンヒョジュさんも、呆れているほどです…。


e0013640_23203932.jpg









…まさみ…
by masami-ny55 | 2010-09-13 23:22 | 日記

韓国旅行2日目…?

土曜日の夕方。

韓国に行かない? と、事務所にひとり残っていたナオミちゃんにお誘いを。
また… 行きたくなさそうです。一昨日行ったばっかりでしょう、またですか?

連続して。まだ7時過ぎなので歩いてみることにしました。
職安通りの路地。様々なレストランがあります。でもよく見ると料理自体にはさほどの違いがありません。
ほとんどが焼き肉系のお店。結局このエリアではウロウロしただけ。大久保通りに移動です。
クルマなので駐車場を探します。これがお高い…。で。1時間400円という手頃な場所を発見。ここにクルマをいれました。

ナオミちゃんもけっこう韓国ドラマがお好きなので、まずは韓流ショップへ。
で、ボクも。

買った物は、ハンヒョジュさんのメモ帳と携帯に付ける「ポラリス」。
それだけはやめた方が… とは、ナオミちゃんの忠告。それって女の人が付けるものでしょう… 
いまさらポラリスって古くない?

いい顔してくれませんが、なにせバカ安。ハンヒョジュさんの写真がなくて、代わりにあったのは「メモ帳」だけ。これ、200円。ポラリスは確か、500円くらいでした。早速、歩きながら付けようとしたら、出来ない。
じゃあ食べながらと、入ったところが「鉄板焼き」ではなくて、なんと「水晶盤焼き」です。これもおもしろくて写真撮影しておきました。

でもお味の方は一昨日のお店の方がよかった…。
食べ終わったら、お茶。世界各国どの都市にしてもこれがボク流お食事作法。変えません。

この前に行ったお茶場へ。そしたらイケメン君がボクを覚えていて、手を振ってくれます。「また来ちゃった!」「先日はありがとうございます」と、すごく上手な日本語でご挨拶を返してくれました。今日はナオミちゃんは、ゆず茶で、ボクは柿のお茶アイスを注文。
これが…飲んだら、シナモンの香りが広がって丁度いい甘み。思わず「うめぇ、これ!」と叫んでしまったのです。イケメン君が、梨をむいてくれました。
「もしよかったらどうぞ」
だって。上手な日本語です。梨、ご馳走になっちやった…。また行かないと、ね。
韓国の青年ひとりと、知り合いが増えましたねぇ…。

      「ポラリス」を付けました。ハンヒョジュさんの「メモ帳」と。柿のお茶アイスです。
e0013640_10595040.jpg



…まさみ…
by masami-ny55 | 2010-09-12 11:00 | 日記

初めての「韓国旅行」

韓国に行ってきました。

韓国ドラマに洗脳されて以来、韓国に行きたかったのですよ。
ついに念願かなって…。と、思うほど、ここは韓国色で彩られていました。
ここは…韓国ではなくて、新大久保と職安通りの「コリアンタウン」で~すぅ。

ドラマで見かける屋台のお店や、占い喫茶やら…まったく日本を感じさせないのです。
しかもですよ、「コーヒープリンス2号店」ってカフェがあるのです! 
楽しくなっちゃって、当然ここに立ち寄りました。店内には、韓国の青年とかご近所の子供連れの美人の主婦(らしい)人たちでうるさいくらいおしゃべりしてました。
ここを出てから占い喫茶に…こわごわ…と。見たことない「パピンス」というかき氷をメニューから発見。注文。食べてら、なんのことはないかき氷にアイスと果物が飾ってあるものでした。鳩麦茶も。ひれはすごかった。ミルクが入っていて、なにかつぶつぶが浮いている…。飲んだらものすごく甘ったるい…。つぶつぶはピーナツでした。他にどんなお茶があったかというと、干し柿を入れたお茶とか…あとは覚えていないけれどたくさんあった。

         初めての体験! 韓国のかき氷「パピンス」とミルク入りの「鳩麦茶」
e0013640_17341854.jpg

喫茶店に行く前、どんな食事をしたかというと「サムギョクサル」という豚肉の焼き肉セット。セットがこのすごい量。ほんとにこんなに来て、ひとり1000円程度いいのかねぇ…と、感心しちゃうほど。テープルに乗り切らないセットメニュー。
なにせ初めての「韓国旅行」なのでそんなことは知らなかったので、日本式にというか、ボク流というかいつものように、パッパッとあれもこれも発注しちゃったのです。
豚肉セットの配膳だけでもテーブルがいっぱいなのに、出てくる出てくる。キムチがセットで付いてくるのに単品でも発注したから大騒ぎ。鳥のスープ「参鶏湯(さむげたん)」を、韓国ドラマではよく台詞に登場するからどんなものか一度はと、これも出てきました。ネギサラダもセットに付いているのにこれとは別に「韓国サラダ」を注文、もう、テーブルには乗り切れません。

そうそう、焼き方が楽しいというか、おもしろい。斜めになっている鉄板で焼きから、豚のアブラ君たちは、下に落ちる。巨大な白菜のキムチも一緒に焼きます。で、店員さんがなんと「ハサミ」でブタ君をカット!
それらを混ぜ混ぜにしてサラダで包んで食べるのですが…。うまい!
サラダで包んで食べるのは日本でもあるけれど、こんなに具がたくさんあると、アンサンブルの仕方で味が大きく変化します。そんな食の楽しみ方が出来るのが、この韓国料理のご自慢なのでしょう…。

会社の同僚三人で行ったのですが、食べ残し。食べきれません。ものすごい量です。
カラいカラいのイメージしかなかった韓国料理がこんなにもうまいものなのか、初体験としては、いいでした。しかも、ビール(ボクはクルマなのでお酒はダメだけど)までいただいて、ひとり3000円程度。
安い安い。もし、マンハッタンだったら絶対に50ドルから70ドル程度はしたと思う。
お店の雰囲気も、そして店員さんがイケメンに可愛い子ちゃん揃い。役者なの?って、ボクがマジで質問したほどでしたから。

ここはおもしろいから、また行きます。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2010-09-11 17:39 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル