<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

テイク1! 「一発勝負」の受験結果は?

職場の仲間たちに、「ねぇ、これなんだぁ?」
やっちゃんが走り寄ってきました。
「あれだ! いいから早く下にスクロールしてよ!…わぁ~~、合格ですよぉ。スゴイスゴイ! しかも、ランクBじゃない!」
いつもうるさいやっちゃんが一際大騒ぎしてます…。

MOT インストラクション認定研修課題評価通知が届きました。
メールで、です。

なんのことか、送信者だけみるといつもの迷惑メールだろうと勘違いして、うっかり削除するところでした。
読んでみたらわかりました。ひと月前、提出した課題の評価とインストラクター資格の合否の発表でした。
合格でした。ランクは「B」です。

トオルから電話。
「やりましたねぇ、Bでしたか! あと、コンマ2点でAだったとは…。おそらくボクの知るかぎりでは、ここでの過去最高点でしょう、さすがですよぉ~~」
と、この御仁、ヨイショ言論主義者の立場を崩すことなく、相変わらずの興奮ぶりです。
ちと、臭すぎてハナにつきますが、それでもなぜか、うれしくなっちゃったボク。

なにをいまさら、と思っていたのですが、この資格はボクにとってかなり長い間継続しています。
ボクにしてみれば、運転免許みたいなものです。この資格を継続したければもっと早い時期に受験する必要がありました。ところが以前とは受験内容が異なっています。ただのペーパー試験だけではなくなったのです。実際に指導している様子をビデオに収めて、それを事務局に郵送。そして、判定していただくという制度に変わりました。
ボク自身、人前で指導することが極端に少なくなった者にとっては、「めんどくさい」という気持ちが先に立って、なかなか受験する気が起きません。そもそも本業はPC講師ではありません。気が向いたときに一緒にベンキョウしている程度でした。ほかにしなければならない仕事が多いし…。
そうこうしているうちに時が流れ、そろそろ受験しないと資格が消えてしまう。受験できる期間がなくなってきました。もう少し立つと、無免許状態になる、というのです。
それは悲しいなあ、という気持ちが起きてようやく「じゅあ、やってみるか」と、重い腰を上げました。

ところが、なのです。
やりはじめてみると、台本を書かなくちゃ、ということになりました。指導の様子を10分間程度の台本にしなくてはいけません。実際に受講者が座っている状態を連想したます。受講者には様々な年齢、職業の違い、まったくの初心者もいるかもしれません。そういう状況をまず、自分なりに「こういう受講者」と「仮説の設定」をします。これが案外楽しい。
で、台本はそう言う自分たちが日頃体験しているであろう事柄を「織り交ぜて」書き上げてみる。PCソフトとは直接関係のない話題、例えばスポーツニュースや、映画の話題など…。しかし、混ぜモノが多すぎると10分間ではムリ。タダの雑談みたいになっちゃう。
おしゃべりのボクとしては、ここは我慢の二文字。削り、落とします。
その作業がこれまた、複雑な心境になり、自己との闘いであって…、おもしろい。

初稿が出来上がって、いよいよ本番の準備です。
やってみます。「…」なんか、しっくり来ない。ヘン…。語尾です。語尾と接続詞をいじります。で、2稿の完成です。今度は「声あわせ」のマイクテストです。「いいだろう!」で、やってみたら12分かかりました。
「だめ、ここをもっと早口にして、ここは切っちゃう」

…さあ、本番!
シュウちゃんが「ピッタシ10分ですよ」と、ビックリしました。やっちゃんは「いいですよ、いいです、最高!」ボクとしてはもう1、2回やってみようよ、と言ったのですが「これでいいじゃないですか、素晴らしいですよ」「どう? ごうかくしそうかなぁ?」「んーーーー、なんとも」「いけるんじゃないですか…ねぇ」
だから、もう1回やらせろよ!
「今日中に郵送しないと間に合いませんからこれで提出しますから!」
なんでぇ…。せっかく欲が出てきたのになぁ。確かに、もう遅い。

満足のいく作品よりも、時間に間に合わせることを優先したというわけ。
テイク1、のみ。まさに「一発勝負」とはこのことです。
ドタバタと間に合わせて提出してからひと月。すっかり忘れていました…。

ところでこの資格の意味とはなんだったんでしょう。
当たり前のことですが、MOT資格とは「指導」の資格です。ユーザー資格ではありませんね。学びたいと願っている受講生の力に合わせて授業を「進める」のは当然でしょう。今回、マイクロソフト事務局が「対話」を強調していました。同社はアメリカの代表的ビッグカンパニーです。日本のいたるところで最近で失われているという「コミュニケーション」を、最優先しようとするアメリカの会社。ボクには、いまの日本の状況よりもマイクロソフト事務局が強調する「対話」を選びます。

その人が使っている言葉が、文化の伝承や教育指導の「武器」になるわけです。
そう言えば、韓国の青年たち。「フォトショップ」の授業を終了して、楽しそうに帰って行きました。
もう、会えないのかなあ…メシでも誘ってあげれば良かったかなぁと、やっちゃんたちと雑談していたところに、ちょうど彼らからの電話です。噂をすれば…です。

やっちゃんが、なんか、電話口で、くっちゃべっています…。
「ねぇねぇ、あの青年たち、今度はイラストレーターを教えてくださいだって!」
ダッフルコートを着たまま、姿勢をのばして授業を聞く韓国の青年たちとまた来月になったら会える。

「へーーそうなんだ。そいつはまた、うれしいねぇ」

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2009-02-24 10:57 | 日記

仕事の原稿

ちっとも原稿が進まない…。
13日、奈良まで取材に行ったばかりなのに、それでも書き味が定まらず、ちっとも落ち着かない…。ヤバイ状態ですぞ、これは。
明後日は編集マンと取材先との「打ち合わせ」があるのに、「お土産」を持って行けるかどうか。まさか、手ぶらでは「打ち合わせ」にもならないし…。

こんな時って決まって気が散っているもの。
いまも、テレビ画面が気になっている。ラブアクが映っている。一昨年だったか、この映画にはずいぶん入れ込んだ記憶がある。主役のコリン・ファース ヒュー・グラント エマ・トンプソンなどの顔ぶれで綴った一級品のラブコメに大満足したものだ。

しゃれっ気がいい。都会的軽薄さに、生きた人生が見える。
このメンバーからつい、思い出すのは「高慢と偏見」だ。まあ、現在のラブコメの元祖ともいえるモチーフ。
で、「高慢と偏見」と思い出すと、今度はイギリスから離れてボクの記憶は一気にニューヨークに飛んで行く。「ユーガットメール」のキャスリーンのこと…。

こんなことを繰り返していたら、原稿書きどころじゃないです。
仕事の原稿って、なんでこんなつまんないんだろ、か、ねぇ。

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2009-02-16 23:57 | 日記

ふたりの韓国青年と「フォトショップ」

はいはい、では更新しましょうか…。
と言っても、別段書くようなお話はないのです。

そう言えば、つい最近のこと。こんなことがありました。
韓国から来た2人の青年に「フォトショップ」の使い方を教えました。
彼らとの出逢いは突然でした。ボクが事務所を出ようとしたら、「お客様が来たからごあいさつを」とやっちゃんから頼まれました。挨拶だけすればいいのだろうと…。で、お会いしたら、なかなかの好青年です。話を聞くと、日本に来て暇が出来たのでその間に仕事の役に立つことをマスターしたいという相談です。

で、どんな…ことを…したいのかなぁ…。

すると、デザインをやりたい、なのでフォトショップを動かしたいとのご希望です。
えっ、PCかい!?
と、なると…。なんでも、このソフト。インストラクターの資格を持っている日本人は少ないようで、資格を持つボクにそのおはちが回ってきたようです。
話しているだけで、大変にまじめで明るい青年たちなので、「じゃあ、ちょっとだけだけど動かしてみましょうか」と。

韓国の青年もさほど「日本語」が通じる様子でもありません。片言の英語も交えてみたら、ニコニコ顔で指示通りの動きをし始めます。ふたりとも、机には「電子手帳」を置いています。ボクの「ことば」をお国のことばに訳していたのでしょう…。懸命についてくる姿がなんか無性に可愛くなってきて、「どう? 出来た?」「わかりますか?」

実はボク、韓国ドラマのファンなんですけど…と、のどから出そうになったことばを、ぐっと飲み込んでふたりにわかるまでおしゃべりし続けました。
で、「韓国ドラマとおんなじだ」と、ほんとに感激したことがあるんです。
それはですねぇ、ふたりともコートを脱がないんです。それも、「冬ソナ」で散々見たあのダッフルコート。ボクが学生時代に流行っていた、あれです。
人の話を聞く時は、ふたりとも両手をきちんと自分の膝にのせます。そして「はい」と、日本語できちんと返事してくれます。そんな応対をしてくれるふたりとのやりとりを続けていたら、まるで、ボクは講義でもしているような気分がしてきます。

その昔。「ヤマトコトバ」には倫理観や宗教思想、科学的思考言語もなく、こころの表情だけがあったようだ、と大野先生の本に書いてあったことを思い出します。やがて、日本は文化のすべてを輸入して現在の日本語へと辿っていった…と。
「孝」という文字と意味もまたそんな昔々に輸入されて、やがて日本の文化の中軸になっていた、と。しかし、戦後の現代日本は、もうその文化も押しのけられて、理論と技術の向上という欧米文化思想が繁栄し、「孝」なる文化は見る影もない、といいます。
それは日本ばかりではないでしょう。きっと、経済発展を念願している韓国でもまた日本同様の欧米文化が流れ込んでいるはずです。

でも、このふたりの韓国の青年。日本の若者たちと比べると、少なくても「師の立場」を認めているようにボクには映りました。そして、自分たちは「私は学徒だ」という立場で座っている。たまたま出逢った青年がそうだったのかも知れません。でも、ボクはこのふたりの青年の「学ぶ姿」から、ボクのまだ学生時代だった若い自分を思い起こさせてくれたことは事実です。
実はこのふたり、「また来週、教えてもらいに来たいけれど…」と、これまた可愛いことをおっしゃる。
断る理由なんてない。むしろ、ほんとうに来るのかい? うれしいねぇ、じゃあ来週はそっちから知りたいことをリストして来なよ…って。きっとまた、コートを着たまま、「授業参加」するんだろうけれども…、ボクには彼らとの再会が待ち遠しい、ですよ。

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2009-02-09 03:54 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル