<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嘘みたいな実話のニッポン

人に「やり方」を教えるのは、ボクには不向きなのかもしない…と、思い続けていました。勘のいい人とそうでない人がいるし…と。

記者の頃です。
原稿の書き方には、一定のルールがあります。まあ、もっともこういうブログを含めて、PC上で「書く」と、すべて横書きになってしまう。原稿の書き方のルールは始めから無視されっぱなしです。まず、これがボクの生理にあわないのです。せめて日本語は縦書きで書きたいし、縦書きの文章を読みたいのです。そもそも、日本語は目で掴んで読み進んでいくものですから横書きにされると、なかなか頭の中に入りにくい。とくに、「和歌」や「俳句」を横書きにされては、ボクはたまらなく腹立たしいのですよ。なので、ボクはPC上では、決して「大和歌」だけは書きません。せめてもの自己主張ってところです。お笑い下さい。

e0013640_55323.jpg記者だった頃、若い記者に原稿の書き方を教えたことがありました。このとき、ボクは初めて人に「やり方」を教えました。「誤字脱字なんてどうでもいい。漢字がわかんなかったら、適当に書いておけ。それより、自分のリズムを崩すんじゃないぞ。リズムを創れ!想像したことが消えないうちに。原稿はスケベになれ! スケベって、こだわるだろ。そのこだわりを原稿のマス目に埋めていけ! こだわりこそ、お前が書いた原稿になるんだから」
「了解です!」と、感激されました。

「で、取材は…どうやって?」
なので、ボク流の取材とインタビューの仕方を教えましたが、こればかりは教えることが出来ず、「めんどくさいなあ…今から行くからお前もついて来い。で、見てろ」と若い記者を連れてボクのインタビューを見せました。取材中、最大手電気会社メーカーの社長が目を潤ませて、ボクの質問に応えていました。取材後、若い記者と茶場に立ち寄ると、
「わかりました、社長が感動しながら応えていましたが、その話し方が…」
「わかりゃあ、それでいいじゃないか。どんな人にも物語ってもんがなんの、よ。物語が、さッ」
「なるほどぉ~」

やってみせれば、勘のいい記者ならすぐに体得してくれる。でも、勘の良くない人たちに「やり方」を教えるのは、ボクには不向き。小澤征爾さんがこんなことを言っていた。「指揮学は教えられるが、指揮は教えることは出ない」と。ボクも、そう思う。「やり方」は所詮「自由創作」なのだから。
「指揮学」を学んでも「指揮」が出来るのか…。「指揮学」を学ばなければ「指揮」が出来ないか…。
そんなことは、ない。「指揮」の基本的ルールさえ知っていれば、あとは自分の目の前には自由空間が広がっているのですから。原稿だって同じこと。感動させる「書き方」は、文庫本の中の一節にあります。それを知っているから感動する文章が書けるか、と。ボクは「やり方」を知ろうとする人たちの根性が理解できなかったのです。

e0013640_5551855.jpgボクは中学から「英語」が大の苦手でした。この授業さえなければ…と、なんど恨んだことでしょう。「行きもしない国の言葉を詰め込まれるくらいなら、もっと日本語を教えろ!」と。そのボクがなんの因果か、アメリカ暮らし。そのうえ、たったひとりでマンハッタンのアパートで…。
仕事中は通訳がいるから支障はないけれど、ひとりになると、英語をしゃべらざるを得ません。…英文法もろくろく知らないボクが、NYの友だちから「Perfect !」とお世辞を戴いたことがあります。
話す…は、口から出る単語たちだけではないですよ、ね。表情や身動きもまた、言葉していますよ、ね。「発音なんてどうでもいい」と思っていました。とにかく友だちと会話が出来ればそれでいい、と。
友だちの表情を見ていれば、「穏やかな人」か「ぶっ飛んでる野郎」か「すました淑女」か、くらいはわかりますよ、ね。そんなとき、学校で教えてもらった「英文法」が活かされると思っていますか? しかも、ここNYで、ですよ。かかわってみせるという気持ちさえあれば、あとは「自由」に「やってみる」しか「やり方」はないのですよ、ね。

こうすればいいなんて、人とのかかわりに「ルール」はあっても「MANUAL」なんて存在しません。
「こうすれば愛される人になれる」だの「こうすればお金儲けが出来る」だの「これが長生きの方法」なんて本がなぜこれほど本屋さんに並んでいるのか…。「人が生きる」ことと「技術ネタ」は違っているはずです。生きていることを実感したければ、人との出逢いしかない、とボクは思っています。「籠の鳥になってたまるか的」な自己主張があるくらいで丁度いい、とさえ思っています。
e0013640_5583797.jpg

生きる。
自分以外の環境すべてとかかわるために「言葉」があるとボクは思うのです。自分の「言葉を正して」いけば「人生が正される」と思っているし、「自分の人生」を「美しいもの」にしたければ「自分の言葉たちを美しく」すればいい、と。「いい加減な言葉」を使う人に限って「いい加減な生き方」をしているようにボクには見えます。曖昧な言葉に、人生の明確さなんてない、と。コンパスを持たずに大海原に出るようなものだとボクは思っています。

「愛されたい」だの「友だちが欲しい」だの「理解して欲しい」だのと、人は無意識で時々「欲しい欲しい」と、まるで物乞いみたいに「欲しい」を乱発する「乞食用語」を口から出します。ボクはいつもこういう人たちを見ると「?」っと、なります。なぜ自分から「愛してあげよう」とか「友だちになっておけよう」とか「理解してあげよう」って言葉を使わないのか…って。なにかというと「わかりました」の返事だけ。「わかってんなら、やれよ!」が、ボクのその返事の返事です。
「知る」を増やす人と、「結果」を蓄える人の生き方って違うなあ…って、ボクは感じます。


そんなボクが、なんの因果か…。人に「かかわりの上達」を教えることになったのです、よ。ボクが人に「やり方」を伝えるなんて…。古い友だちはきっとボクを、「気でも違ったのか」と思うことでしょう。
あり方がはっきりしていない人たちに、やり方を伝える…って、それこそ、とうしたらいいのか、その「やり方」を知りたいものです。と、冗談を書いている場合ではないのです。

e0013640_55952100.jpg
当たり前のことだけど、どんな学問も、
「あり方」→「やり方」→「結果」が学んでいく道のりです。

「目的」「意図」「本質」の話を飛ばして、始めから「方法」は伝えられないし、仮にそれだけ伝えても活かされない…、と思うのです。ボクがそうだから。なので、まずは「かかわり」とは、を伝えてから「やり方」を伝えることにします。その方が、ボクも安心ですから、ね。
ところで、なぜこんな羽目になったのか…。なぜこんな依頼を受けたのか…。訳がありますよ、そりゃあ。

聞くところによると、なんでも現在の職場は大手であるほど、「コミュニケーション」が不足しているのだそうですよ。「ホントかいな?」と思いましたが…。
例の「セクハラ」とか「パワーなんとか」だの「個人情報秘匿」と、「禁止令」が山積みなのだそうです。
従って、「オイ! 今晩付き合え。飲むぞ!」なんて会話を部下に使うとその場で「レッドカード」になりかねない、そうです。「アラ、今日は可愛い服着てるねぇ」など言おうものならこれも「レッドカード」になる、かもしれない…。で、話せば済むような用件も、PCで個人宛にしているという。「部内ボウリング大会」も、「無理してでなくていい」。こんな調子が続いて、社内では「かかわり」がとんと薄れている、とのこと。コピーしてくれ、とうっかり女子社員に頼んだけでも「レッドカード」になった課長もいるという…。自分の保身をしたければ、よけいなかかわりをしない方が無難ってこと…ホントかいな? 「なんとか、かかわり方を」と、頼まれたって訳です。

アタマに来ましたね、ボクは。社内恋愛を禁止している会社もある、とのことですから。結婚しても、無届け、だそうです。これが今のニッポン企業かい? で、どうせやるなら、「かかわり方」を知りたがっている人を呼んでこい! と、叫んだら…アラアラこんなにも! 会場の変更をせざるを得ませんですよ、こんなに多くちゃ。嘘のような実話なのですよ、これ。
このぶんでは、日本経済の景気もあがりませんねぇ…ナントカしましょう、みんなで。
ボクも、手伝いますから…。
e0013640_601927.jpg

人気blogランキングへ!
クリックすると人気blogランキングに投票されます。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-11-28 06:01 | 日記

もう、変更しちゃった!

早速、またまた変更です。

写真を少なくして花はやめて、ボクの好きなコーヒーに取り替えです。
書体を変えたら、かえってオナゴっぽい感じになっちゃったけど、ペン書体よりはまだこの書体の方がボクらしいので。

ボクはブログを読むときやサイトを見るとき、常に「左側」に「お気に入り」を表示したままなのです。
当初、ブログと出逢った頃、ブログのデザインをたくさん見ましたが、「右側」に「カレンダー」や「コメント欄」など本文以外のものが来るようになっているフォーマットがボクには向いていました。エキサイトブログを選んだのもそのためです。当時、ブログは初心者も初心者。韓国にいるマキちゃんにメール指導していただいただけでしたから。そういえば、マキちゃんとは3年間の「メル友」だけど、お会いしたこともない…わ、さッ。この機会だから、お礼を言っておきましょう。
「ありがとうございます。今後とも、よろしくご指導下さいませ」
e0013640_02121100.gif

で、このエキサイトブログの決定的な「便利さ」は、書きやすい、ということです。そして、その場で「誤字脱字」などの「訂正/削除」が簡単にできることでした。そして、「自由にデザイン」出来ることも、このブログを選んだ要因です。「ヘッダーをデザインしたいなあ…」と、日が追うごとに気持ちが高ぶります。おかげで、またひとつPCの勉強が出来ましたが…。

他社のブログは…ボクには、書きにくい。それに、投稿してくれた読者が後で「削除」や「訂正」を自分で出来ないブログもありました。あれは困りものですね。
角張ったデザインもボクには不向きでした。記事を途中までしか見えないものも、ボクには困りものです。本屋さんで買った「本の厚み」がわからない…なんてことって、ないでしょう。長文でも短文でも、読み始める前に心掛けて読みたいので、ボクは。

このブログ変更の「基本フォーマット」は、「エキサイトブログ」の中にある「ナチュラル-大木」です。
で、「ノート」のようにしようと、罫線を創ってみたのですが、ホントに昔々の新聞記者の原稿のイメージになっちゃったから、アップして10分後にはもう止めました。なので、ボクの好きな「白色」を基本にしちゃたのですよ。

それから、ボク「トラックバック」ってよくわかりません。便利なのでしょうが、記事にこの欄を付けておくと、ちと、コワイ。ヘンテコリンなサイトが張り付いてくるのですよ。なので、ヤバイので、止めておきました。それよりも、コメントを書いてくれる読者と仲間になる方が、「出逢い」を感じますね、ボクは。

さてさて、このデザイン、いつまで続くかわかりませんが、今後ともよろしく、ね!
e0013640_0214795.gif


人気blogランキングへ!
クリックすると人気blogランキングに投票されます。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-11-24 00:22 | 日記

デザインを変えてみました。

まだ、自分としては気に入らないのですが…。
たぶん、すぐにまた変更すると思います。この題名は、テーマが広くて。なんでもありって内容でしょ。

ボクの場合、「想い出」という言葉を聞くとすぐに浮かんでしまうのは Manhattan です。
その言葉に「出逢った」とつけたら、音楽と映像、このふたつのかかわりを連想してしまうのですよ。
それでこんな風になっちゃった…。なんだか、オナゴのブログみたいですよ、これ。

ま、読者の皆様も多少、目先が変わると新鮮だから…、しばらくはこれ楽しんで、ね。

人気blogランキングへ!
クリックすると人気blogランキングに投票されます。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-11-23 06:08 | 日記

天気がいいから 心を着替えて…

今日の東京は、朝からいい天気だった。
こんないい天気には 心を着替えて 旅に出よう…そう、思った。

最近仕事が思い通りに動かない。クチャクチャした気持ちが続いていたから、いっそのこといい天気に免じて、旅に出て、気分転換しよう…と。
e0013640_4513379.gif

早朝、新幹線に飛び乗った。で、車中、なれない携帯で京都の友だちの歯医者に、
「今会いに行きます…」とか、言えるわけもなく、「歯、治して」「ハイ」

京都には、小料理屋をしているマナミちゃんがベンツでお迎え。ベンツ!…だが、Bクラスでした。

治療後、早速治った歯の「実験」で、ふたりでお食事。おうどん…でした。
「んーーー、うすあじ」

どうせここまで来たから、「クニヨちゃんに会いたいなぁ」「いいんじゃないですか」
で、広島のユジュウにも来てもらった。

ま、今日は楽しかった。いまは、他人のコンピュータでこのブログを書いている。ぜんぜん、のろくて、イライラがよみがえっちゃった…まったく!

さて。
ヒトミちゃんが、昨日めでたく退院。「出生届を出してきました」とのことでした。
で、新人さんの名前は「美葉」に決定!です。

皆様、美葉ちゃんをよろしく、ね。なんか、責任、感じちゃうよね。ボク…この名前には。

e0013640_4541395.gif

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-11-10 04:30 | 日記

ヒトミちゃんの出産

ヒトミちゃんが女子を出産した。
10月31日午後12時30分頃、らしい。
e0013640_5183571.gif

…昨日から、ヒトミちゃんの体調は正常ではなかった。元気者の彼女が、気分が悪いから、と言って家から出なかった。妊娠高血圧症、と言ってたが、ボクはさほど気にしなかった。妊婦になると、そういう症状になるご婦人方は多いとのことだったから…。
出産予定日は12月10日あたりだと、夫のタカシ君から聞いていた。

昨日、病院に行ったヒトミちゃんはそのまま入院になった。そして、「明日…」と、タカシ君が電話で連絡をくれた。ボクは、ゾッとした。
タカシ君からの電話は、ボクが久々にムッちゃんとその友達と後楽園のレストランでおしゃべりをしていた最中に入ってきたのだ。ムッちゃんは「新たなる言語」に興味を持ってくれて、授業に参加する申し込みをしていた。その話の輪にいたカヨちゃんは大ハシャギ。みんながムッちゃんの復帰によろこんでいた、その時にタカシ君からのこの電話だった…。
ヒトミちゃんとは長年の友達付き合いをしているカヨちゃんは、顔が真っ青になっている…
カヨちゃんも30歳後半で初めて出産し、その子が11月3日で満2歳を迎える。ヒトミちゃんの容態が他人事ではなかったのだろう。おしゃべりなヤッちゃんも、言葉が無くなって表情が止まった。
「なあ、大丈夫なんだろ? ん?」
ボクは意味のない同意が欲しかったが、女性たちは無言が続いた。
「34週かぁ…」と、女性たちの声に不安の影。

「大丈夫!」

その声を出したのは、ムッちゃんだった。
ムッちゃんは、未熟児で生まれたという。2ヶ月も早く生まれて、しかも30年以上も昔のこと。現在の医療環境に比べれば、そうとうにヤバかった、というのだ。1500グラム程度で生まれたけれど、こんなにビンビンしてるでしょ、私がそうだから、心配ご無用…というのだ。
その場は、ムッちゃんの一声で笑顔を戻った…。

そして…今日のこと。
女子が、予定より2ヶ月も早く生まれてしまった。1500グラム、だそうだ。
タカシ君がノコノコ事務所に登場したのは、午後5時過ぎ。「どうだったのよぉ?」ヤッちゃんの心配が、この言葉に乗っていた。ところが、肝心のタカシ君は「疲れた」「ちょっと、感動」「動いてた」「医者が来て、おめでとうって言ってました」「写真、撮ってきたらみんな、見る?」
あ~~~ッ。

「母子ともに、元気」

早く、その一言を言え! もう、まったくぅ。

ヒトミちゃんは、「母親」になり、タカシ君は「父親」になった。
e0013640_5194361.gif

予定より2ヶ月も早く生まれた女の子は、こんなに大騒ぎして生まれてきた。
で、ボクはこの時病院にいるヒトミちゃんと、「無名の新人サン」のことを思った…。
医療技術の進歩によって、ヒトミちゃんとタカシ君は子供を授かったのだ。どんな形であるにせよ、これが「出産」であろう。ヒトミちゃんは、きっと様々なリスクを覚悟しての「出産」だったに違いない。もし、ヒトミちゃんが「体調が悪い」とか「いまは子育てできない」「経済的に無理」とかいう理由から、子供が出来ても、生まないという選択も出来た。しかし…。

ボクは想う…。
ヒトミちゃんが「この子の命を無くしてなるものか。育てる!」って、決めてくれたから、1500グラムの女の子は「生きるチャンス」が授かった。時々ボクたちは、自分の人生を自分で生きてきたような、そんな生意気なことを言ったり、考えがちだ。
「自分の力で生きている」と言う人も大勢いる。

そうだろうか?

ボクが今生きているのは、ヒトミちゃんがそうなように、みんなみんな自分のお母さんに「生きるチャンス」をもらったのではないか、とボクは思う。母親が「この命を育てる」と、決断してくれたから、ボクたちはこの世に出ることが出来た…と、思うのですよ。
ボクの母はもうとっくに他界しているけれど、ボクが弱音を吐いていると、「しっかりしなさいよ! 男だろ!」という母の声がどこからともなく、聞こえてくるのですよ。「そんな男にするために私はお前に生きるチャンスを与えたのではない!」と、言わんばかりに…。で、ボクは母が生きいるうちにしたくても出来なかったことを、成し遂げることが母への「報告」になると思っている。父が出来なかったことを、このボクが成し遂げてみせる、と。そのためにボクはこの命を両親からもらったんだと、そう思うのですよ…。

ヒトミちゃんと1500グラムの「無名の新人さん」を想うと、そんなことが頭をかすめていきます…。

タカシ君は「今日、名前を考えようと思っています。葉って字を入れたいんです。緑の新鮮な、太陽の陽射しをいっぱいに浴びている葉っぱの、葉、です」

で、ボクが「美しい葉ってのは、どうだ? 美葉と書いて、みは、とふりがなを書くけれど、音は、みわ、と聞こえるかもしれない…。美葉子っていうのも、おしゃれだなあ…」
e0013640_5291043.gif

聞いていたタカシ君は、目頭を熱くして「いいなぁ~~。明日、ヒトミちゃんと相談して…」
タカシ君もヒトミちゃんも、画数だの占いごと、は避けている。第一、現実にいまニュースになって登場してくる子供たちの名前は、そのほとんどが画数だの占いだのに頼って付けた名前が目立つ。
犯罪に巻き込まれるのは、子供のせいもあるかもしれないが、所詮親御さんの教育だろうと、ボクは思う。名前のせい、ではあるまい。
子供がどう生きるか、その教育は所詮親御さんがしなければ。名前さえあてがえば、安心、ではあるまい…。確か、空海がこんなことを書いていた。「一文字大宇宙」と。漢字一字に、宇宙がある、と。「空」と「海」…文字は二文字でも、字を見れば、人はそれを連想できる。
しかし、最近は意味不明な漢字を並べて名前を付ける親御さんが増えているように感じる。
ヒトミちゃんとタカシ君夫婦には、そんなことはして欲しくない。

子供の名前に親御さんの「希望」が光っている。
こんな人間になって欲しい、こんな人生を過ごして欲しい、との「願い」が込められている、そんな名前にして欲しいなッ。
子供の名前とは、親が我が子に贈る最大のプレゼントなのだから。

タカシ君は徹夜してまでも、考えていいですよ。
1500グラムの自分の「希望の星」に、どんな名前を贈ってあげるのか…。

おめでとう、ヒトミちゃん!
e0013640_5173783.gif

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-11-01 05:30 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル