<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちょっと、こわいけど…やっぱり書き残しておきます

5年後をめどに、日本国憲法の改定をする、と新しい日本のリーダーはそう言う…
彼の年齢は、52歳。
ということは、1954年(昭和29年)生まれ。彼が4歳の時、昭和33年に長嶋茂雄さんが巨人軍に入団しています。この首相は、「若い」日本のリーダーです…。

戦後も収まって、平和になった日本に生まれ、政治家のご家族に育っておられる。

戦後の生活を知らない彼が、こう言う。
「今の憲法は、日本人が創ったものではない。屈辱的でもあった…」
と。
だから、「憲法を日本人が創り直す」
というのです。

ボクは、耳を疑った…

法律文は読む人のこころのあり方で、どんな解釈もできる不思議さがあります。
否定的な感情が強いときは、そのように。しかし、肯定的な気持ちで読んでみると、だいぶ読後感が違っています…

押しつけられた屈辱的な我が国の憲法…などという前に、本来「憲法」とは、なんだったんでしょうか?

そうですよ、ね。その国の「ビジョン」でしたね。アメリカ合衆国独立宣言書にしても、です。全世界の国々の憲法とは、一言で言うと「国のビジョン」が綴られたもの、です。

「憲法」は、人が向かう方向が書き記されています。人間の生き方であり、かかわりであり、教育であり、民が選んだその代表者「議員」のあり方などが記されたものです。

「憲法」とはここにあって、現在まだここにない「もの」。そう、「国家のビジョン」を書き記されたものが「憲法」です。

まあ、言ってみれば国の「コンパス(羅針盤)」です。
「ここに向かうぞ!」
って、訳です。

で、昭和20年8月。この国の民はやっとこさ、長かった戦渦から解放されました。
この国にその歴史上、初めての本格的な「民主主義」という、得体の知れない言葉が上陸してきました。戦渦から逃れたら、今度は、得体の知れない言葉に惑わされました…「国民が自分の国を動かす」…って、なんだろう、と。
誰ひとり、「民主主義」の本質を伝えきれる人は、当時この国にはいなかったはずです。だって、こんな言葉はこの国の人たちは、初めて、だから。国会議員も、教職者も、父も母も誰ひとりわかりやすく解説はしてくれなかったようです。
なのに、この国の「教育」はスタートしてしまったのです…。

学校に上がっても、子供たちは自分の国のビジョンを教えてもらっていません。
「君たちは戦争が好きか? 嫌いか?」
「平和ってなんのことだと思う?」
「ボクたちの国はこんなふうに歩んできたんだ。どう思う?」

でね、みんな。これからの自分の国を、こうしようとしているんだよ。そのことが書かれているのがね、「憲法」って文なんだ。みんなで読んでみよう!

…なんてそう言ってくれたのは、どうやらボクの先生だけだった。ボクはみんなそうやって国のビジョンを知るんだろうと思っていたけれど、友だちに聞いてみたらそうではなかったようです。

で、現在。2006年。1945年から61年が経った。

この61年間、全世界では戦争が止まらない。どこかで…。
しかし、この国はその「憲法」が「戦争」を止めた。絶対にしない、ボクたちの国は! と。
そのビジョンを、どうあれ守り抜いて61年が経った。ボクたちの国は、1945年以降「戦場」に人を送ることはしていない。銃口を見ず知らずの国の人たちに向けるようなマネはしてこなかった…
1度も、だ。

ボクたちの国には「憲法」の「前文」がある。

この文章の成立は、当時の人々の考え方では「屈辱的」だったことだろう。なぜなら、誰ひとりとして「民主国家」を本気で夢見たことがなかったからだろうし、それは無理からぬことだった。
縦割り機構の社会に生きた人たちには、「自由」を表現したり、伝えたりするのは、無理だったのだろう…。知らなかったのだから。
ボクは、まだ覚えている。中学生の頃、だ。「前文」を読んでいたら、なんだかわけもなく大きな涙が目頭に溜まって、先が読めなくなったことを。
「ボクの国って、スゲェんだ」
と、こみあげてきた…

さて、「憲法改正」を叫ぶ人たちの声をこの先、ボクたちは聞くだろう。そして、変えようとしている人たちは、きっとすでにその準備はしていることだろう。
この国の「憲法」がどのような成立をしたか、という経過物語ではなくて、この「憲法」のおかげでどれほどボクたちは「平和維持」してこれたか、その成果も伝えるべきではないかなあ…と、ボクは思う。

そして、なぜいまになって「憲法改正」なんて言い出したのか…
いまボクたちの国は、すくなくても大国アメリカよりも、ずっと「平和」だ。だって、戦場に我が子を送っているご家族なんて、ボクたちの国には存在していないんだから。

そんなことを言い出すくらいなら、経済活動の復活や、高齢者への国の援助とかまだまだたった今しなければならないことがたくさんあるだろうに…。ボクがもし、この国のリーダーだったら、真っ先に「憲法」に則り、「教育」から始める。子供たちは、ボクたちの国の「宝物」だ。なにせ、未来がある。子供たちを輝くばかりに育てたい。全世界の国々がうらやむばかりの「教育」をしてあげるだろう…。彼等に伝えるだろう、ボクは。君たちの先輩たちがどう生きてきたか、どんな間違いと成果を創り出したか…を。

こんなメモが出てきた。学生時代に走り書きした「試作」だ。

祈り
主よ 我らの一日を支え給え
陽が傾いて 影が伸び 夜が訪れて
世の喧噪が静まり 生活の熱が収まって
仕事が終わるまで
主の慈しみのうちに
安全な宿と
聖なる安らぎと
平和が与えられますように

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-10-19 04:16 | 日記

虚構か?

ブログを書き始めた頃は、楽しかった。
日々、職場や仲間たちの日常的な他愛ないエピソードを自分なりにアレンジして綴ることが楽しかった…。

e0013640_663363.gif

そのうち、欲が出てきた。この「ブログランキング」だ。上位を目指したい、と。
友だちに電話連絡して「クリック!」と、せがんだこともあったし、自分で何回も押してみたこともあった。
読んでいただく以上、誤字脱字は失礼だから、と何度もアップする前に校正したこともあった。
原稿を書く際、調べ物をしたり、取材もした。誤報や推測は避けたい、との自分なりに「文責」をとりたかったからだ。表現に迷って、学生時代に使った教材を見直した夜もあった。

そんな努力が実ったのか、「ランク」が上がっていった。
487位…310位…146位…95位…と。それが励みにもなり、友だちにも「ブログ、やれ! おもしろいから」と誘って、作り方も指導した。何人かが、自分のブログを創った…。

で、念願の「1位」になった途端、怖くなった。
というのは、いままでにないことが頻繁に起きたからだ。
例えば、コメント欄に不道徳なコメントや、明らかに悪意のあるコメント…。

なので、恐ろしくなり、友だちに相談してカテゴリーの「引っ越し」をした。
お陰で一難去った。

だったら、「ランキング」の登録をやめたらいいのに…と、おっしゃる読者もおられるだろう。
確かにその通りだが、実はメリットもあるのだ。このメリットにボクは望みをつないでいるのだ。

それは、「出逢い」である。

「ランキング」に登録していると、様々な人々の目にとまりやすい。そして、読んでいただける。これが、そもそもボクの本来「したいこと」だったから、ブログを書き続けているのだ。

ところが、である。
ここでまた新たなる問題に突き当たっている…
この問題は、ボクには難問である。

難問とは、ブログを含めた「PCコミュニケーション」である。ホームページやE-mailも、もちろんこれに該当する。
ボクはこの「出逢った…」のほかに、もうひとつ「ブログ」を書いている。
書き始めた頃は、すべてこのブログに書いていたのだが、途中から「野球ネタは別にしたら」と、アドバイスを受け、それに従った。確かに、友だちの助言通り、その方がお互いのブログページとして活気が出てきた。テーマが違うので、単一ブログの中でカテゴリー別、とはせずに、別扱いのブログ、にしたお陰でボクも様々なアイディアが浮かび、書き応えがいい。

で、最近、こんなことがあった。
「野球のブログ」にコメントがくる。だから、返信を書く。その書き方をボクはどうやら「ブログのルール」に違反したらしい。で、すぐに訂正したのだが…。
友だちに、相談してみたら意外な答えが返ってきた。
どういう答えだったか、要約するとこうだ…

本来、ブログ制作者は「匿名」だ。コメントしている人たちもまた「匿名」だ。自分が何者か証さないですんでいるからブログやE-mail、ホームページが成立している。おそらく、「実名」が条件だったとしたら現在ブログやホームページを発信してる人たちの2/3以上は消えていくだろう…と、言うのだ。
そして、それが本来の「PCコミュニケーション」の実態なのだ、と言う。

秘匿=安全
これが大前提だ、という。

友だちはさらにこう言う。
「だから、無制限に誰ともなく参加できるから社会問題が起きている。匿名が厭だのヘンだのというのなら、ブログはやめるべきだ。そもそもPCコミュニケーションは、送受信者ともに、厭になったらいつでも止められる。発信者の気分次第ではないか。責任をとらなくてよいのが、ホームページやブログ、E-mailの特徴だ」
と、言う。
「私はメル友や個人のホームページ、ブログを創る気はしない。虚構、だから。制作者側が明確なホームページの情報なら参考にしてはいるけれど」と、付け加えていた。

なるほど。
創る側もその対応も発信源が不明確である以上、「虚構」だ。

確かに友だちの言うとおり「虚構」なのだが、その一言で決めつけられると、ボクは少々、悲しい。ランキングの上位ねらいをしていた頃、まじめに文章を書き上げてきた。徹夜したこともあった。そんな作業して書きあげた記事を「虚構」とは…。理由は「匿名」だから…。

さあ、そこで、ボクの難問だ。
どうせ「虚構」なのだから、発信者も受信者も「虚構」扱いだろうか…と。

虚構=嘘
という図式が、ボクには見え隠れするのだ。それが、悲しいのだ。

ルールはあるだろう。社会性、というルールが…と、反論してみたが、友だちは言う。
「社会性ではない。個人の目的意識の違いだ」
と言うのだ。その個人の目的の違いが、漠然とした「ブログのルール」を生み出している、という現象を指摘するのだ。「ルール」があって、ないとも言える、と説明する。

ここまでは容認するが、それ以上は…。「それ以上」の線引きは、個人差であって、正確なルールではない、という。
確かにボクのような人並みはずれた開放的性格の人間は、「それ以上」の線引きは他の人たちに比べると…かなりの違っているようだ。例えば、ブログには「コメント欄」というがあって、記事を読んだ読後感を書き込める。そこに書くときのネームは、ブログ作家の名前どおりに書くこと、らしい。
ボクの場合、日本語でキーボードをたたいているから、英字の名前の場合、読んでカタカナもしくはひらがなにして、その人に返信を宛ててしまう。
「それはルール違反」だと、指摘された。

また、ブログには様々な人たちが、それぞれのニックネームでコメントしている。似ているニックネームもある。それを間違えてるのは、「ルール違反」だと指摘された。
その通りだと思い、すぐに訂正した。

さらに、友だちはボクにこう言った。
「あなたのような人がブログを書いているのは、珍しい」と。「(ブログを書く)ほとんどの人たちは、閉鎖的な人が多いのに」という。「友だちが多すぎるのに、なぜまだ友だちをほしがるのか、わからない」とも言われた。

虚構のブログ…か。

このブログ。その虚構の中で、人との「出逢い」をボクは実感している。コメントしていただいている多くの人にボクは思う…どんな人なのだろうか、と。
どんなことを楽しみを持って生きている人なのだろうか、お歳はいくつなのだろうか、好きな食べ物は、どこで生まれた人なのだろう、ご家族は幸せで健康だろうか、どんなお仕事をしているんだろうか、日本に住んでいる人なのか海外の人なのか…
コメントしてくれるその文からボクはその人を思う、…想う。

それは「詮索」だという。
あれこれ詮索すべきではない、詮索するのは失礼だ…と、こんな言葉を耳にする。
そして「ルール違反」になる、と言う。
e0013640_664964.gif

詮索と想像。
それこそ本来、別の作業であり、目的意識に違いがある。しかし、この区別が出来ない人が多いことを受け入れてみると、なるほど「PCコミュニケーション」の限界がボクには見える。

その昔、全世界で「文通」というゲームがあった。国内の文通相手から海外の相手と、手紙が飛び交ったという。
見ず知らずの人の住所を、文通希望者が集まって登録している斡旋会社から教えてもらう。
そして、初めてその人に肉筆で書く。相手の土地柄から書き始めようか、それとも自分の住んでいる土地の紹介から、か。下書きをしてみる。封筒はどんなものがいいのか、ペンの色は黒か濃紺か、便せんはどんなデザインが適当なのか…。投函して、返信を心待ちにする。そして、返信が届く…。

お互いの姓名と住所がわかっていても、突然訪問するなど、しない。
そして、どちらからともなく、自分の写真を送り、相手も写真を添付してくる…。
誕生日や、なにかの記念日などは手紙ではなくて、贈り物が届く…。

しかし、けっして「会う目的」ではない。文通、に徹するのである。
そんなゲームが、昔々あったという。作家のバーナード ショウとハリウッド女優のパトリシアがそうであったように…。彼らは、生涯、会うことはなかった。

もちろん、文通ゲームでも「ルール違反者」はいたに違いない。が、しかし、少なくてもそのゲームが「虚構」呼ばわりはされなかったろう。そもそも文通ゲームが「匿名」だったら、ゲーム自体が成立しないのだから。

で、ボクは思う。
「PCコミュニケーション」も、「文通的価値」にまでにしようと思えば、出来るということだ。

その大前提は、発信者の人格に由来する、と。
気軽さ≠無責任
と、いうことだとボクは思っている。
e0013640_661323.gif

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-10-11 06:12 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル