<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「新た」の母は?

あらた。
新た。元々日本古来からある言葉のひとつです。
e0013640_23553317.gif

この「新た」とは、現代語の「新しい」ってことです。新品、なのです。
だから、汚れていません。
真っ白とでもいうか、透明とでもいうべきかいずれにしても、汚れない状態をこの「新た」という言葉で表現しています。一切の過去を引きずってはいないのです。

新年は、年が新しくなったという意味です。

よくこんなことばを聞きます。
「せっかく新しくなったんだから、今までのことは忘れて出直そう」
「新しくなったけど、いままでと、どこが違うのか」
意識的にしても無意識的にしても、過去と比べた「新た」は、じつは「新た」ではないのです。

「新た」は、過去とのつながりはありません。別のものが出現したのですから。
「今までのことは忘れて」ではなくて、「くらべるものではない」ものなのです。

違いを指さすものでもないのです。比べるものではないから。
過去との継続性はありません。

「無」から出てきたものが、「新た」という訳です。つまり、「時/場」の言葉たちが違っているのです。
「無」は「新た」を生む母なのです。
「無」とは、なにもない、ということ。

人が生きていて、「無」を作り出すことは容易いことなのに、それをしたがりません。過去の事柄から現在の自分の生き方を選んでも、それは過去のオプション。未来は過去へ進んでいるだけです。

「私は人との関係を断ち切った」なんて、いかにもクールなことを言う人がいます。
しかし、現実は、というと「断ち切った」のではなくて、相手の人たちから「断ち切られている」のかもしれませんね。

「映画見に行く?」「このお店美味しいよ、行く?」「旅に出ようか?」「一緒に行く?」
人から誘われても「やだ」「行かない」「行きたくない」…だのと、そのたびに人の誘いを拒んでいたら、周りからいつの間にか誘いの言葉がなくなっていきます。「どうせ、無駄だから」と。

誘われるが花…という日本古来の言葉を生かしていない人たちのようです。古来日本の祖先の言葉たちが入っていない人たちなのかな?

数珠は、一本の糸で珠をひとつひとつ繋げています。あの数珠玉のひとつひとつが「新た」であり、それが集まって、数珠になっています。

大海原の海底から浮かび上がった小さな水泡のようなものです。
見つけ出すのには、人知れず苦心しますが、見つけ出せた発見の喜びはかけがえのない感動でもあります。
それが「新た」という言葉との出逢いでした。

日本古来の言葉たちを知れば知るほどに、思わず頭が下がります。
ボクが今でも使っているこの言葉の中に、大和の心が入っていたとは…。時空を越えて、ボクの祖先たちの生きた証がボクの言葉の中で「永遠」になっています。

ボクは人になにもしてあげられない。けど、ひとつだけ出来ることがあります。
言葉たちを花束にして、贈ることなら、ボクには出来ます。
そして、それは全世界の人々が容易く出来ること…。耳を澄ませば聞こえてくる言葉たちの中にまたひとつ「新た」な水泡が光っていました。
e0013640_23593056.gif
…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-09-25 23:59 | 日記

「夏の香り」

e0013640_549777.gifここ数日、韓国のドラマを見ています。
ソン・イェジンの「夏の香り」を全巻プレゼントしていただき、さっそく見ました。終わったら一日がすぎていました。全巻を一日で見てしまいました。ソン・イェジンは「頭の…」以来すっかりボクのお気に入りの女優さんなので、彼女が出て入れるだけでいいのですが、それにしても…。突拍子もない展開と人物設定に「韓流」らしさを感じます。

新作の物語だというので「冬のソナタ」とは、味が違っているのだろうとの期待感はありましたが、その展開には「またか」と少々飽きてはきました。ソン・イェジンの表情がまた…なんとも清楚でいいのですよ。
折角いただいたので見てしまった…。

しかし、よく泣きます。韓国の俳優サンたちは。

で、いま「秋の童話」というドラマをビデオ屋さんから借りてきて、6話まで見終わったところです…
なんとなく、この作品はまともなドラマって感じます。
とくに、中学時代を描いた3話までの台本はしっかりしていました。演じる子役がお見事。この子役の演技だけでも、演出家の作品に対する意気込みを感じました。
もしかしたら、「冬…」「夏…」よりも物語性があるかも…と、続きを期待しています。
海辺で、「妹」が「兄」を見つけて、後ろから抱きついたまま…って、シーがあるのですが、不覚にもボク、泣かされちゃったですよ。いいシーンでした!

憎たらしい役のオナゴが登場しています。際立って、憎たらしいのです。この先も憎たらしいままなのだろうか、この女優サン…。


こんなドラマばかり見ていたら、なんだか、韓国の旅でもしたくなりました。
どこかの民宿にでも泊まって…あちこち散歩したくなりました。山道を歩いたり、海辺に行ったり、ソウルのど真ん中で気の利いたカフェに寄ったり…

しかし、ボクは韓国語が話せないから…ダメか。韓国人の友だちはいないし…。
暇つぶしに、昨日の午後、旅行代理店を経営している友だちに電話して「ねぇ、韓国までいくら?」って訪ねてみた。「新幹線程度だけど。なんでまさみさんが韓国なの?」だと…。どうしよう…。「マイレージが貯まってるでしょ、それで行ったら」とはいうものの、まだ本気にはなれないし…韓国ドラマの見過ぎで、「決めない人」になってます。

ここ東京は風が涼しく、秋が始まったようです…。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-09-20 05:37 | 日記

書きたくなかったこと

やられたら、やりかえす…という言い分を正当化したら、どこに真の「民主主義」があるのかって、思います。

旧約聖書の「出エジプト記21章24節25節」には、こんなことが書かれています。
「…目には目、歯には歯、手には手、足には足、やけどにはやけど、生傷には生傷、打ち傷には打ち傷をもって償わなければならない…」
この頃は奴隷制度がありましたから、主人が自分の奴隷の目を潰して仕舞ったら、その奴隷に目を返せませんから、その奴隷である辛い身を「自由の身」にしてやらなければいけない、と聖書には書かれてあります。
この言葉は、紀元前18世紀のバビロン王ハムラビが制定した有名な「ハムラビの法典」の中の「同害復讐法」(第196条以下)に出てきますね。
でも、その真意を知らないで間違った使い方をする方があまりにも多い事に気がつきます。
「目には目を」と定めたのは、やられたことは仕返しをして良いと「GOサイン」を出しているのではないのです。そんなことを言っているのではなく、それ以上の賠償は求めてはいけないぞ、という「ブレーキ」になっている教えです。むしろ、やられたら、やりかえす…という言い分を正当化してはならない、という戒めの法則です。繰り返しますが、この教えは紀元前18世紀、のことです…。現代は、この言葉から39世紀も経っているのです。

やられたら、やりかえしていい…。
これを繰り返していたら、いったいどんな世の中になってしまうんでしょう。不安で、怖くて、信じられなくて…身をじっと隠して、人とは関わらないようにして、依頼もなければ約束事もない、底冷えした世界になりはしないでしょうか。

911。
あの日、ボクは日本にいました。テレビ中継された「惨事」に、ただ涙がごぼれてしまったことをいまでも忘れられません…犠牲になった人はわかっているだけでも、約2450人です。
ニューヨークで暮らしていた頃、仲間たちと待ち合わに使ったり、上に登ってマンハッタンを一望したり、写真を撮ったり…あのビルにはボクの楽しい「想い出たち」がたくさん詰まっていました。
その後、あの惨事に巻き込まれた友だちがいたことを知らされました…。友を失った友だちがいることも知りました…。
ボクのNYの友だちに、音楽家がいます。彼がこうボクに言いました。
「ほんとはあそこに行かなければならないんだろうが…気持ちの整理がまだできない…」

5年経ったいまでも、彼はあの場所に足を向けることはありません。ボクもこの5年間、何度かNYに行っていますが、行く気にはなれません。まだ、「平和なNY」を実感できないからです。

あれから、5年…。
宗教戦争なのか、それともただの報復、復讐なのか…。
やられた国は、やった国(らしい)を相手に、戦争を続けています。
そして、やられた国は戦場に自国の若者たちを送り出し続けています。戦場に行って生命を落とした若者たちはおよそ2500人。911の惨事よりも、多い人の生命が失われています…
そして、相手国では民間人がおよそ4万人以上(わかっているだけで)も、生命を失っています。そうです、子供たちも、自由に歩けない高齢者たちも…です。鉄筋コンクリートのエアコンつきの住宅が一般的な世界一富める国が、泥で作った家に住む世界一貧しい国に現代兵器を持ち込んで爆撃を繰り返しているのです…。いつまで、続けるのでしょう、こんなことを。
そういう国家のリーダーに「いいぞ! もっとやれ!」って、ボクは応援できません。

これが、ボクの住んでいる現在の世界、です。
そして、あの国はいつもこんな調子です。あの国は「民主国家」なんでしょうか? それとも、実態は「資本家優先国家」なんでしょうか?
巨大な力を蓄えているだけに、あの国のリーダーの選択には「重大な責任」がありますね。
平和よりも、武力を選択したリーダーであることは間違えないのですから…。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-09-12 16:26 | 日記

「噂話」のおそろしさ

ニューヨークには、何人か友だちがいます。
ボクが毎年NYに出掛けているのは、ヤンキースタジアムに行く目的の他に、懐かしい友だちとおしゃべりを楽しみたい、という欲求を満たすことでもあります。

会う早々、抱きついてくるオトコがいるし… 挨拶代わりに、いきなり文句を言い出すオナゴもいるし…
いやはや、いろんな友だちがボクにはいますが、みんなみんないいヤツ。長い付き合いなのです…。

その中の一人に、元女優さんもいます。ボクは知らなかったのですが、彼女が日本での現役時代はかなりウレていたといいます。
その彼女が太平洋を渡って、この遠方の地NYまで来た理由を話してくれました…

「もう、うんざり…人の噂話に巻き込まれるのは」

だ、そうです。
NYは、住んでみればよくわかりますが、仕事は結局実力勝負! です。

e0013640_16274678.gifとかく、日本人は「噂話」が大好きな国民です。これは、米国暮らしをした人たちには、この違いがよくわかります。

それなりの努力をした、とか…自分なりに頑張ったのに、とか…よく、日本人はそう言って、周りの人たちから同意を求めます。確かに、その瞬間は「同意」を得られるでしょうが、そんな言葉はなんにも問題の解決にはなりません。

結果、です。
いま、自分はなにを得ているのか…っていうことが重大なのです。

自分が望んだ結果を得られないとき、人は言い訳を始めます。

こんなことをしなければ良かった… やらされた… 自分の思っていることとは違う…

そして、挙げ句の果ては、「噂話」を言い始めます…
その話に群がっている人たちは、ボクの目から見ると、人生であまりよりよい違いを創っている人たちには見えないのです。
使っている言葉たちが、汚らしいのです。ボクは、美しいものが好きなので、汚いものや不快を感じる環境にいたくないのです。なぜって、一番大切な「自由」を奪われてしまうから…。
「身勝手」「わがまま」ではありません、「自由」とは。

ボクは以前、マスコミで仕事していました。「噂話」の原稿は、御法度。必ず、直に当事者と取材します。当事者の言い分も記事に書き込みました。

しかし、「噂話」は、当事者不在ですね。
何々らしい… そんなことっていいのか… 見た訳じゃないけど… 直接聞いてはいないけど…
信じられない… ホントなの…

と、言う前に、現実と向き合うことはしない。事実を取材しない。
まあ、「噂話」はそんな無責任な会話だから楽しいのでしょうが、「噂」される相手がどれほどの痛みを持つか…その痛みを、決して理解しようとはしない。当然だ! という顔をして、いる人たちが、まま、いるようです。

「噂話」は、結局、人と人の関係を壊していく道具になります。
グループを破壊します。家庭にしても、友だちとのかかわりも、国家間でも…です。
確かる勇気、会話する機会を意識的に怠るのです。

e0013640_1629654.gif噂話に同調しても一時的なつながりは得られるかもしれませんが、結局、その人間関係は長続きはしません。
その場限りの、「口から出任せ人間」と、心ある人たちから、そんなレッテルを貼られてしまうようです。信じられない、のは噂話を信じたような顔をして、自分が実際にやっておくべきことをしないで済んでいる、というラクも得られます。こんな便利な言葉たちに、ボクはこころから牙をむきます。

「傷つけているのは、アンタだよ!」
って。

NYの友だちは、人の噂話はしない人たちです。気になるとメールしてきたり、わざわざニッポンまで電話もくれます。じかに、話します。
それが、人と人のかかわりを強いものにしていく、ということを知っているから…。

e0013640_16283341.gif




…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-09-08 16:30 | 日記

「夏祭り」の終わりに

昨日の晩でした。
総勢19人で、てらサンの「カレー屋さん」に行ってきました。
コンサートのパンフ制作をしてくれたお礼をしに行きましょう、という企画です。
e0013640_14371782.gif

企画したのは、シマちゃん。実行委員会の副委員長です。シマちゃんは伊勢丹で「くだものの詰め合わせ」を用意しています。カッパ君は「ワイン」を持参です。これは、兄貴分カワカミ君のアイディアからです。
19人の中には、コンサートに出演した高校生たちの顔もありました。ガンちゃんは一家総出で、千葉から川崎までのドライブです。サッチャンは、コンサートに感動した小学6年のマナちゃんを連れてきました。
シミケンは妹さんと、てらサンのお店に直行して現地合流。奥さんはいち早く、集合場所の東京に。

満席以上です。座りきれません。結局、貸し切り状態。
デザートとコーヒーまでいただき、フルコースを楽しみました…。
てらサンの奥様も、来客のみんなにごあいさつ。照れくさそうなてらサンでした。

「また、来年も頼みます」
そう言い残して、団体客はそれぞれの帰路に就きました。

こうして、ボクたちの夏が通り抜けていきます…
昨日から始まった新学期。そろそろ涼しくなっていい頃なんでしょうが、ここ東京はまだまだ猛暑が残っています。夏の続きは、その後の秋に。

ひとつがすんで、けじめをつくる。そして、また「新しい出逢い」へ。
森の樹々が季節のたびに年輪を重ねていくように、ボクたちもこうしたけじめを創りながら成長していくのかもしれませんね…

e0013640_143441100.gif

もっともっと大きく… 多くの人たちとの出逢いを期待して…
健康で力いっぱい。

追伸:ヤンキース「松井選手」の夢物語、もよろしく!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-09-03 14:38 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル