カテゴリ:未分類( 3 )

ビリー・ビーン氏と松井秀喜選手 映画「マネーボール」

久々に栃木の実家に戻った。
温泉に2日間通ったら、体重が2キロ減ったが、これは汗が流れただけのことだ。
映画も見た。ブラッドピットの「マネーボール」だ。見る前に映写時間を確かめたら2時間30分程度だ。ずいぶん長い映画、と思ったがあっという間だった。いい映画だった。

実在する人物を映画にする場合、ほとんどが「過去の物語」をアレンジする台本になる。ところがこの物語は、現在活躍中の人物、オークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャーであるビリー・ビーン氏を題材にした台本だ。ここに興味があった。
現在活躍している人物をまさか美化した物語でもなかろうに…。どうしていま、ビリー・ビーン氏をブラピが主演してまで映画にするのか…と、公開前から興味を持った。しかもアスレチックスは大リーグのチームの中ではボストンほどの人気もないし、話題性もないのに、なぜだろう、と。もうひとつの関心事項は松井選手が所属するチーム、と言うこともあるが。

撮影はドキュメントタッチだったので、映像はあえてハイトーンになっていた。
ところどころ実写も交えている。2002年、つい最近とも言えるが、あの20連勝したときのドラマもいま映画にしてふり返ると、確かにもの凄いゲームだった…。今年のワールドシリーズ第6戦に匹敵するドラマチックなゲームだ。今年の第6戦はもうMLBファンにとって「伝説試合」になったが…。ハミルトンのホームランがフイになるとは…。ボクにとって今年2011年MLBのゲーム、として脳裏から消えることはないだろう。まあ、それはいいとして、映画の話に戻ろう。

大リーグでのGMの立場を知るには実にいい台本になっている。アスレチックスGMのビリー・ビーン氏の立場が鮮明に描かれている。監督以上にチームの勝敗には絶対の責任があると言うことだ。ここは日本の野球界とはずいぶん違っているように感じた。最近、東京のチームで内紛があったが、もしそれと同じ事が大リーグで起こったら、それは大変な醜態。というより、まず起こりえないだろう。なぜなら、責任範囲が明確だからだ。

見終わって、ぞっとした。このビリー・ビーン氏が松井秀喜選手に狙いを定めた、ということ。ビリー・ビーン氏に松井選手は大リーガーとして評価されていたんだ、という現実がボクにはやけにうれしくなり、また同時に、エライところに移籍したモンだ、とも思った。昨年、楽天の岩隈投手がアスレチックスに移籍できなかったが、これは日本球界がもっと大リーグ関係者たちとの人的交流の不足が原因ではなかったのか、とさえ思われる。もっと、相手と話し、お互いを知り合っていたら岩隈選手のような悲劇はなかったはずだろう。大リーグの各選手は確かにひとりひとりが株式会社みたいなものだからこそ、話し合いが必要なのだ。それをよくわかっている人物が、GMの重責を担っている。とくに、ビリー・ビーン氏はボストンから当時最高金額の、5年契約1250万ドルという高額のオファーを受けたが、後に断ったほど、大リーグ業務に徹底した考え方の持ち主。
「二度と金によって人生を左右されまいと心に決めたから」というのが、その理由。

それほど大リーグは選手たちに限らず、「お金」がついて回る世界。かつてビリー・ビーン氏もスタンフォード大学の進学が決まっていたのに、お金で大リーグ入りして危うく人生を棒に振るところだった。
もし、松井選手が来季もアスレチックスと契約したら、それはビリー・ビーン氏との契約を意味するなあ、と感じて、是非そうなって欲しいと思った。とにかく、おもしろい映画と久々に出逢った。暇に任せて、韓国ドラマばかり見ていたが、ハリウッド映画はいいです。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2011-11-16 11:49

アメリカの友へ第2弾 …IN GOD WE TRUST…

イライラしていた…
ライターが見つからない。大声で怒鳴りたくなる…「ライター、知らない?」と。

たばこを銜えたまま、机の周りを歩き回る。机の上に、ちいさい籠がある。
小物を入れておく籠だ。籠をあさったら、古いメモ用紙の下に隠れていたライターを見つけた。
「こんなところに…まったくぅ~~」

物をなくしてしまうのは子供の頃からの、ボクの十八番。

忘れ物は少ないが、無くしてしまうことが多い。
出掛けるとき、必要な物は身につける。確認もして、出掛ける。
が、行った先で使った物はその後、置いたままにしたことに気づく。数日後、時間が経ってから探し求めても、もう出てこない。無くしてしまうのだ。
準備はいいのだが、後の始末がダメだ。
子供の頃、後片付けは母親がしていたからそれに頼りっぱなしだったことが、今になっているのだろう。

無くしたと思っていた物が見つかるときもある。ZIPPOの純銀製のライターがクルマの運転席から見つかったときは、なんだか得した気分にさえなった。

ここに、これがある。
だから、処置できる。

ここに、これがない。
だから、処置できる。

これは、なにか?
知るから、処置できる。

後先のことを思って処置する。
処置の仕方に、人格が現れる…
そして、まわりのことも、観察できる。


いつだったか…時期は覚えていないけれど、こんなことがあった。
まだ、ボクが経済記者をしていた頃の話だ。

競馬場に行った。日本ダービーの観戦だった。
ボクは競馬記者ではないが、特別にオーナー席近くのプレス席を用意してくれたのだ。
このダービーで、その昔「ハイセイコー」なる競走馬がいたが、ダービーで五着に敗れたという。
そして、その子「カツラノハイセイコー」が今回のダービーに出場するという。日本人が好きそうなお話だった。
案の定、この子の人気は高かった…

で、ボクはおもしろがって、その子の馬券を買うことにした。

結果は、なんとその子が日本ダービーを制した。

ボクは連勝複式まで買っていたから、配当金は確か…数十万円になった。
で、単勝馬券だけは、ジョッキーにサインしてもらい、換金せずに「記念」に取っておくことにした。
ボクをダービーに招待してくれた競馬記者から、「いい日になったジャン!」と、冷やかされたものだ…。

ところで、ボクと一緒に来ていたスポーツ記者がいた。
彼は別の馬に投票したから、配当はない。彼の予想は外れた。
「もったいねぇ、このカネで飲みに行けばよかった…」
と、ぼやく。

宝くじも同じだ。
結果は、当あたるか、外れるか、である。
「当たるといいねぇ…」
「そうだね…」
楽しそうに話している。
「当たるかもしれないよ」「ねぇ、当たったらどうすんの?」「そんなぁ~、考えてないよ」
ほんとに、楽しそうだ。
宝くじに「当たると信じて」買っている人達の話は、聞いていてこっちも楽しくなる。
どんな結果になっても、「信じて」いる期間が、楽しいのだろう。

しかし、投機目的で宝くじを買ったとしたらどうだろう…
この金額を投資した以上、最低これだけの配当金がないと…と、いう気持ちで買っていたとしたら。
結果を見るたびに、「得した」「損した」という言葉を吐き出すだろう。
楽しかったね、この期間…なんて、言葉は絶対に出てこない。

これは、人生そのものだとボクは思う。

まさか、死の間際で「得した人生」だの「損した人生」などという人はいないと思うが、ふだんの心がけとして、「楽しめる期間」を保って生きているのか…と、聞きただしたくなるような人はいる。

神様の存在も同じかもしれない…
神様と宝くじを同じに並べるとは! と、宗教家の方々にお叱りを被るかもしれないが、その存在はボクにはよく似ているように見える。

宝くじの当選番号は、誰も知らない。しかし、見たことのない当選番号に出逢うために買ってみる…
「その番号かもしれない」と信じて。

神様の存在も、これと実によく似ている。

誰も、神様に出逢ったことはない…
いるのか、いないのか…その存在は、誰も知らない。神のいる場所がここだ、と指させない。
姿形は誰も見ていない。

従って、いないという人達は、「神はいない」という。反対に「神はいる」という人達も又、いる。
しかし、両者の立場とも、その持論を立証することは出来ないのだ。

いるか、いないか…ではないのだ。
当たるか、当たらないか…ではないのだ。

その存在を、「信じる」か「信じない」か、である。

「IN GOD WE TRUST(私たちは、神の存在を信じる)」
と、1ドル紙幣には印刷されている。その紙幣をアメリカ人たちは毎日使っている…
そして、アメリカ人の誰ひとりとしてこの言葉に反論を加えてはいない…
e0013640_17392950.jpg

神は人の目に見えない… いるか、いないかではなくて、自分にそれを信じる気持ちが「在る」か「無い」か、であろう。

神とは、人の目に見えない。だから、不安とも言えるし、希望と見る人たちもいていいのだ。

ライターは、ボクの手に有る。
そして、ライターの存在は、在るか、無いか…であろう。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-05-15 17:39

ボクのおすすめ「NYのブログ」

さてさて、ボクの朝。
板橋のアパートで目覚めると、コーヒーメーカーでコーヒーが出来る間に、洗顔。洗顔をすませて、マグにコーヒーを慎重に注ぎ、いそいそとPCをオン。立ち上がる合間に、コーヒーを一口すする。ますば、各新聞社と各スポーツ紙のサイトを読む。メールを開けて、広告メールを読まずにそのまま削除。
で、その後なんだけど、ボクのお楽しみがある…

「ブログ」です!
e0013640_20473172.gif


自分の記事の反応が気がかり? んーーー、ちと、違うなッ。
新聞だと、コラムでも読む感覚が、ボクは朝欲しいのですよ。そこで、いつも楽しみにしているのが、ここのブログですよ。
可笑しくて、コーヒーを吹き出しちゃったことさえあるんだ、ここ。

内容は、NYの取材記事なんだね、これが。実に生き生きした文章なのですぞ。
ときどき、生々しい「事故話」もなくはないけれど、ボクのお気に入りなのだ。
懐かしい…NYの香りがしてきます。
ただ、書き手が女性なので、ベースボール「我がYankees」の話題はない。まあ、それはそれで、他のサイトで間に合っているからいいけど、もし、このサイトに「Yankees」の取材原稿が載るような事になったら、大応援しちゃうけど、ね。

みんなも、見たら? NYに行った連中にしてみれば、ついつい「コメント」したくなるぞ。
で、ね。このブログが楽しい理由は、まだあるの、ですよ。
「コメント」したら、なんとなんと、書き手の女性からの「ご返信」をいただけます!
Communicationを大事にしている筆者なのですよ! がさつ者のボクなんかとは、大違いなのだ、ぞ。

楽しいよ、このサイト。

http://broadcast.jugem.jp
「KIYOねえのニューヨーク生活」

だよぉ~~

出掛ける前、気持ちがさわやかになれますから!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-01-18 20:48


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル