「WBC」に思うこと

シアトルの友だちは、野球が大好きのようです。
その人がメールで「WBCって、アメリカでやってるの?」との質問です。

日本でのWBCのテレビ中継は視聴率40%以上との報告から言えるように、日本ではオリンピック的な熱の入れようです。しかし、本場アメリカではこんな状態です…。日本や韓国と本場アメリカでの温度差はかなりあるようです。
この大会で優勝したからと言っても、参加している大リーガーたちは特別な「なにか」があるわけでもありません。それどころか、もし怪我でもしたら所属球団からの「補償」もなにひとつありません。怪我は本人持ち、と言うわけです。そんなこともあって、参加を渋っている大リーガーたちはかなりの人数だと言うことも伝わってきます。大リーガーたちには、キャンプでの体力づくりもさることながら、キャンプでのチームメイトとの「人間関係」の創作という目に見えない「友情」を育むのが楽しいのです。新加入した選手はチームメイトとの信頼をこのキャンプで創りたいのです。

WBC。「国を代表して」と、いつものように大上段に構えて日本のメディアは報じてきます。
オリンピックの時もそうでしたが、「負けたら…」を考えません。日本チームの「勝敗」にばかりこだわった報道ぶりではありませんか。その証拠に、日本のテレビは他国の試合を中継してくれません。これでは、片手落ちでしょう。
視聴率をいかに上げるか…、を重要にしているのが日本のメディアなのか、とさえ勘ぐりたくなります。オランダチームが頑張っている様子も、プエルトリコが残念がっている様子もなにひとつ報じてくれません。報じると言えば、もっぱら「韓国は日本の宿敵」というイメージを報じています。たかが野球なのに…。

イチローが所属しているマリナーズの観客数は昨年、過去最低に落ち込みました。とうとう、赤字です…。地元のファンからも見放され始めたマリナーズ。今季、それを取り戻そうと、ジュニアと久々に契約が取れて、彼がシアトルに帰ってきました。ジュニアと言えば、地元ファンにとっては、いまでも「神様」なのです。ジュニアはオープン戦に出場してもまだまだ本来の力は出ていませんが、チームメイトとの人間関係を着々と創り上げていることでしょう。そして、メディアにもあのやさしい笑顔で接しているはずです。イチロー選手がWBCから戻っても、チームから浮いた状態にならなければいいのですが…。

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2009-03-12 10:16 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル