先輩のお嬢さん「コクハク物語」

つきあいの長いのはボクの性分です。10年、15年の長いつきあいは沢山います。ひとりひとりと会っているのが面倒になるので、友だち同士を会わせて、友だち関係を広げてしまいます。こうしておくと、体験上、至って便利に交友が続きます。
M先輩もそのひとりです。彼のひとり娘さんは今年からボクの後輩になりました。ボクの友だちには、ボクと同じ学校の卒業生がいませんでしたが、これで少々先輩風が吹かせるというものです。娘さんはボクの学校を推薦入学で進学したほどですから、若いのに芸事には長けているのでしょう。ご立派です。

さて、昨日のことでした。
M先輩から連絡があって「むすめと相談して欲しいことがある」と、いうのです。神妙な声ではなく、いつになくソワソワウキウキしていました。「いいですよ…なんでしょうかなぇ」「まあ、娘から聞いて」

昼下がり、娘さんと会いました。相談とは「告白された…」とのこと。「コクハク? なんだいそれって??」
「好きだって言われました」「へー、イイじゃない! 素晴らしいことだよ」…話が弾みました。
「お父さんも同じ事を言ってました。母はニヤニヤしてどんなヤツなんだぁとか取材してましたけど…」

いいねぇ、親子でこんなはなしをしているとは。

世間では、親子の断絶だの家庭内暴力だのと言われるご時世だけど、娘の「コクハク物語」をじかに報告されて、それを友だちに「相談してこい!」なんて…。イイじゃないですか。我が子が恋愛ひとつ出来ないような「わがまま女」だったり、男の子から見向きもされない「意地悪おなご」だったりしたら、親御さんは切ないだろうなぁ…なんて思っちゃいました。

「人を愛するって素晴らしいことだとボクは思うよ。愛すると、生きる責任が生ませてくる。愛される責任も、ね。その心の思いが、ひとりだけに向けることから次第に多くの人たちに対しても感じてくるようになるのさ、ボクなんかそうだったし、ね。とにかく、めでたい…素敵素敵」と、こっちがうれしくなっちゃいました…。

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2008-11-21 02:20 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル