「100万回のありがとう」

今日、大塚駅に近い行きつけのお寿司屋さんにみんなが集まって、「お疲れ会」をしてくれました。
感謝!

この雨の中、幹事役をしてくれたマキちゃんとけいこさん、ビトウ君にシミケンたち。
名古屋自動車からは、ゆかりちゃんとお母さんまで来てくれちゃったりして。で、この出版の企画編集マンのトモちゃんはじめ、ガンキチ一家も勢揃いでした。ネモコもカワカミさんにカッパまで途中から参加してくれました。書ききれないですよ、全員は…。「みんな、ありがとうございました」ですよ。何度か、「記念会」をやってもらったけど、これほど気軽になれたのは、お初です。

確かにボクは、20数年前はベストセラーも出していたけど作家の人生を過ごしたくなくて、飛び出しちゃった。ひとりでする作業には、ホトホト愛想が尽きたというか…、より多くの人たちと出逢い続けていく人生に路線変更です。そしたら、こんな素敵な仲間たちと出逢えた。書く作業なんて誰だって出来る。本を出版したい人には、いまでは堂々と自主出版の企画編集会社だって存在する。

書くと、その本が売れるといいと思うでしょ。そう、そこが問題なのですよ。
作家のペンは1本、箸は2本です。斎藤緑雨の言葉だけど、本物の作家が書く本はいまボクが本屋さんを見渡してみても、探し出すのが難しい。なぜって、本屋さんに並んでいるほとんどの本の作家は、テレビに出てるし、CMにだって登場してるでしょ。逆に、そう言う人たちにペンを持たせて書かせれば、売れるから…ね。そんな現代に、ちと、嫌気がさして。もうこりごりってほど、ボクは疲れちまったのですよ、あの頃。そして、心の疲れをどう処置していいものか、つらくて。学生時代、あれほど大嫌いだった中原の詩がすごく耳に残ったりして、さッ。

まあ、そんなこんなで今回はいつになく、ヘン。20代で初めて出版された本とは比較にならないほど、テレ臭いし、「えーーい、ここまで来た以上、売れてくれぇ!」って、叫びたいほどですよ。自分のためじゃなくて、みんなのうれしがってる顔をみるとなんだかそんな気がして、さッ。その上、丸善本店さんでもこんなに立派な「宣伝」までしてくれるし…で。申し訳ないやら、恥ずかしいやら。野村総研でも「特例中の特例」で、社名入りのコメントまで。どうすりゃいいのよ、ね。「100万回のありがとう」って舞台でも作りましょうか、ねぇ。気が向いたら、またトモちゃんと組んでなんかしますけど、ね。年1回なら舞台を作っていくように…。そんなことよりボクはみんなと生きる人生がいいなッ。寂しがり屋って競技がオリンピックにあったら、ボク、ダントツの金メダル選手だ、ね。

全然関係ないけど、この本、自分としてはアマアマ評価で70点ってこと。内容を編集の都合で動かしたから、そのあたりに…多少。そして、同じフレーズを使うのはボクの作法なんだけど、ヤバイ箇所もあったりして…。音楽と同じなのよ、レピート記号があるでしょ、音楽には。あれと同じでね。印象づけるにはいいのですが、間違えると…んーーー、と、なっちゃうから。まあ、完璧まではあと100万年かかるかも、ね。
何度でも生まれ変わって、いろんな人生を過ごしてみたい。そして、伝えていける魂だけは、誰にも奪われずに失いたくないのですよ。アホ、なもんだから、さッ。学んでいかないと魂が成長してくれない、し、さッ。みんなといると「ここだけの話」では収まりがきかなくなるのが、ボクには愉快でたまりません。

これまた全然関係ないけど、今日本屋さんに行ったのですよ。自分の本を横目に見ながら、
「悩む力」(カン サンジュン著)
を買いました。なんでこの本を買ったのか? 気になったから。まだ読んでないけど…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2008-09-20 02:40 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル