今日は何の日?

ピアニストのヒトミちゃんと出逢ったのは、かれこれ15年ほど前。仙台で暮らしていたヒトミちゃんが東京の友だちを訪ねてきた。その友だちがボクの友だちだったから、それがきっかけでヒトミちゃんのピアノを聴くことが出来た。友だちの部屋にあったピアノでヒトミちゃんはベートーベンのソナタを弾いてくれた。
e0013640_4271836.gif
「表現力ある演奏ををするひとだなあ…」
なんでも、ヤマハの先生をしているという。気があって、話しやすいから、ふたりで演奏会を創って楽しんだこともある。これは1回限りになったが…。
台本なんてなくて、みんなが知っているピアノ曲ばかりを選曲した。いまでは、いい想い出になっている。夏の日、ボクが仙台に行ったり…。仙台をヒトミちゃんが運転するクルマで案内してもらった。青葉城の下で、お団子をご馳走になったり…。

その後しばらくして、ヒトミちゃんは憧れの男性と結婚。
結婚したとたん、あれほど頻繁に連絡があったのに、パタリと音信がなくなった。だからボクはヒトミちゃんのことは、想い出の森の奥深くに隠れてしまった。どんな人生になってしまったのか、も考えることもなくなっていた。
あれからとっても長い年月が流れ、人伝に、その結婚は、長くは続かなかったと聞いた。連絡先も知らないボクはただただその話を聞くだけしか出来ない…。

一昨年、東北道をスカイラインで走っていたときのこと。10数年前仙台に行ったことを思い出して、そのまま仙台まで走った。「ヒトミちゃん、どうしてるんだろ…。まだ、ピアノの先生なのかなあ」なんてスカイラインの中で思い出したりしてみた…。仙台に着いたからと言って、もちろん、ヒトミちゃんとは会うわけはない。
想い出って、突然のあぶくみたいにボンって顕れてくるから不思議。

e0013640_429347.gif
そして、今日。
古い友だちがヒッコリ事務所に現れた。相変わらずの巨漢。
ふたりで近所のファミレスへ。話がボクの仕事の今後のことに及んだときだった。ボクの携帯を取って、巨漢君が番号を押してそのままボクに手渡した…。「?」呼び出し音が聞こえる。
「はい、まさみですが」
「お久しぶりですねぇ。元気ですか?」
「ヒトミちゃん! ボクのこと、覚えてましたか?」
「忘れませんよぉ」

巨漢君がいることを無視して、ちと、長い話が出来た。今週、仙台に行くことになった。
久々にヒトミちゃんと会うために。「もう、私40ですよ。仙台の寒さは半端じゃないですよ。寒がりなんだから覚悟して来てよ」だと。
ボクの仕事を久々に聞きたいのかもしれないし。なんでも、今は高校の音楽の先生をしているとか。

いま、ヒトミちゃんはどんな夢を持っているんだろう…。再婚の話もあるのよ、ともあの笑い声で言ってた。
いい日…だあ。と、巨漢君とサヨナラして、いつものようにアパートに帰ってPCをオン。

いい日はまだ続きがあった。
なんとまあ、ボクの永遠の女性…エッチャンからメールが来ていた。
ボクがボランティアで10数年前、合唱団を創ってCD録音までしたことがあったが、そのとき新大のアルトだった。ボクの永遠の女性…って言ういい方は、ボクの親友たちには誰を指しているのか、とっくに知られてはいる。ボクには「ユジン」みたいな女性に見えるから、親しく話をするなんて出来やしない。そのエッチャンが、今日のヒトミちゃんみたいに、ボクの今後の仕事が気になるから、予定を書いて返信して、というだ。なんでこうなる…今日って日は、何の日??

たしか、エッチャンもすでに40…過ぎてたんじゃないかなあ。でも、エッチャンは結婚もせずに新潟で長く人生を送っている。エッチャンとはこの10数年、1度だけ会っただけ。思い出したように手紙が届く程度だった。最近は、レターではなくてメールになったけれど…。

e0013640_4302484.gifいま、古い友だちがボクの今後を気遣ってくれている。そんな気がしてきた。
あたたかく、美しく、透明感に溢れ、そして時空を超えて…。
創作力がまたボクを刺激しているのを実感する。
あの頃のみんな、いまどんな生き方をしているんだろう。ボクはヒトミちゃん、そしてエッチャンに、無性に会いたくてたまらない…。ボクのことなんてどうでもいい、素敵になったであろう彼女たちの話をたくさんたくさん聞きたくて、たまらないのだ。そして、あの日のように、大笑いしたいなッ。


人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!
…まさみ…
by masami-ny55 | 2008-01-22 04:32 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル