「友」

持つべきものは「友」だと、改めてそう思う…。

10年以上いた事務所を引き払うと決めたのは、今年の夏も過ぎた頃。
これだけ長くこの地で暮らしたのだから、感傷的な気持ちになってしまう…。ボクの想い出が詰まっている事務所を去るのはやはり淋しいものだ。
引き払う理由は簡単で、経営難が続く中でこれ以上ガンバっても「先行き」が見えないからだ。みんなに迷惑をかけてしまう。

昨晩、物語だったらここでひとり男泣き…が本当なのだろうが、実はそうではない。肩の荷を下ろしたかのようなスッキリした気分だった。むしろ、今後の自分が実によく見えてきた。かかわってくれた人たちとの想い出が蘇る。経営が順調だったときと、悪化してからのかかわり方って、これほど違っているのか…ということもよく見えてきた。

いい時って、楽しい。楽しさに、人は群がっていく。ともに楽しみ、笑い、歌い、はじける。
うまくいっている土台の上には、まさに人間の愛そのものが躍動しているかのように錯覚するほど光り輝いているではないか…。
しかし、うまくいっていない時って、淋しい。どんな策をとろうとも、失敗や敗北の連続だったとしたら、そんな場は暗く切ないものだから人は去っていく…。当然だろう、人は「勝ちの世界」で生きていたいものだから。そんな意味でも、ボクは事務所を「勝ち」に導きたかった、かつてのように。

この考えが「負け」と言うことにボクはしばらく気がつかなかったのだ。

今が暗く、昔は光り…かな? ほんとうだろうか?
うまくいっていた頃は人が大勢集まっていたが、いまはほとんど人が集まってこない…。
でも、「友」がひとりもいなくなったわけではない。

「友」…昔々、この漢字は「慈」とも書いた。
悲しい…という漢字は、昔々は、他人の痛みや苦しみを分かちあっている状態を意味した。
そして出来た熟語が「慈悲」だった。

昨晩だった。引っ越しの準備をしてゴミがたまった事務所にひょっこり、シミタク君とノダッチ君が現れた。シミタク君はシミタイ君同様ボクに急接近してきた友だちだ。シミタク君は実は、15年以上勤めた会社を退職後、職探しをしていたが、4ヶ月ぶりに決まったとの報告をしにボクを訊ねてくれた。
「昨日、ようやく…」
シミタク君の表情は明るい。思っていた職場に決まったという。
「よし、今日は就職祝いしようぜ」
近くのファミレスで今後の話を聞いた。ノダッチ君はまた海外に出張するという。その報告もあって、事務所に来たのだ。

近くのファミレスで3人のおしゃべりが始まった。
ボクの話題はふたりのような明るいものではなかった。事務所を引き払っての今後のプランを話した。すると、シミタク君とノダッチ君が…、
「そんなぁ~~。なんとかしましょうよ」
と言い出したのだ。そして、「シミタイ君にも相談しましょうよ」と、ボクを励ましてくれる。

そして、今日の早朝。早速、シミタイ君から電話が来た。1時間後、ごった返す事務所に立ち寄ってくれた。近況を話したら、「そんなこと、黙ってちゃあダメですよ」とまたしてもボクの欲しいことばを与えてくれる。彼等のかかわり方にボクは男気を感じた。

「友」…。シミタイ君とシミタク君が言う。「12月、頑張りましょうよ!」と、ボクを励ましてくれた。
新しい「なにか」が生まれるときって、こんな時だ…。

さらば、我が事務所よ!
こんにちは、今日のほほえみ君たち!

…と、ここまで書き上げたところでノダッチ君とシミタイ君から電話来た。
「横浜ですよぉ~、ふたりでお茶してまぁ~~~す。明日、やり遂げますからご安心を~~」
だと! ノダッチ君の明るい声と、シミタイ君の元気な声が弾んでいた。

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2007-10-18 21:14 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル