出逢った想い出たち…

出逢ったときって、人は楽しく輝いている。小学校に入学したあの時のように。
でも、卒業式が来る。人生も、同じだ。

出逢ったら心は弾んでいるけれど、実はその瞬間別れが宿命として張り付いていることを、人はようやくその時が来たときに思い知らされる。

どんな人にも出逢いがある。出逢った数だけ、人は別れの数を持って生きている。
別れたくないと叫んでも、大海に向かってほえる犬と同じだ。無駄な抵抗に過ぎない。
だったら、出逢いなんてしたくもない、と居直ったところで現実はそうはいかない。

ボクは人生で一番大切にしていることは、出逢いと別れ。でも、ボクはこの両方ともうまく出来ない。

で、…思った。
出逢った頃のこと、ともに生きていた頃のこと、一緒に旅した風景、話した言葉とその表情…そんな出来事たちを心にしまってあげる。こうすれば、別れが消えて、出逢った想い出たちがボクの心の中で永遠になる。

ボクはもっと生きたい。出逢いたい、美しい想い出をたくさん創り出すために。
抱えきれないほどの花束なんて欲しくない。癒す時間なんて欲しくもない。だって、別れは自然な営みなのだから。生きている証、なのだから。ボクの欲しいものは、ボクの心に残る出逢った人の言葉たち。
言葉たちが、出逢った想い出たちを彩ってくれる。

ボクはそういう言葉たちに、永遠をみる…。

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2007-07-24 04:16 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル