ニッポン人は、いま…

都内での移動や関東圏内の移動は、クルマを使っています。
ボクのクルマ生活はもう、かれこれ20年以上になります。

車内で好きな音楽を流したり、コーヒーを飲みながら堂々とタバコも吸えるし…。
仲のいい友だちが同乗してくれると、ろくでもないおしゃべりが出来るから楽しさも倍増です。
日光方面や福島方面に向かう東北自動車道と、富士山が雄大に見える河口湖方面に向かう道路はボクのお気に入りです。空いているので、景色も眺めながら楽な運転が出来ます。

滅多に電車に乗らないボクは、改札口ではウロウロしてしまう。切符の買い方に迷うのです。
さらにボクにとって難題は「乗り換え」の作業。乗り換える駅のプラットフォームで乗り換え路線を探すのが難しい。人の流れの邪魔にならないように、とは心掛けていますが、でも、どんどんぶつかってくるのです。まるで、「邪魔だ! どけ! 」と言わんばかりの勢いです。

渋谷育ちのボクは、電車が大好きでした。都電が好きでした。神保町で古本屋まわりしたくなると、学生服のまま、都電に乗り込みガタガタゆれる振動に眠りが誘われて、うたた寝していたものでした。帰りは、買い込んだ本を都電の中でおっぴろげて、自慢げに読むのがまた楽しかった。
e0013640_1930072.gif

山手線も好きでした。
原宿で下車して、明治神宮の前を通り抜けて、競技場の中を歩き、NHK放送センターの下り坂を下りると我が家でした。青空のある日には、わざわざこんな遠回りをしたくなって原宿で降りていたこともありました…。

今日のことです。
クルマが使えません。三番町に行かなくてはならないので事務所から都営地下鉄、神保町乗り換えの半蔵門下車、という路線です。
で、地下鉄半蔵門線に乗り換えたときです! ボクは突然「なに、これ?」
同行した友だちに尋ねました。「書いてあるとおりですよ…」
書いてあるのは「Women Only 女性専用車」でした。「じゃあダメだよ。あっちに行こうよ」「今の時間は関係ないですよ」「?」
混んでいるときだけだというのです。要は、痴漢対策だそうです。そういえば、神保町の駅で「痴漢注意」のポスターがあった…。
e0013640_19304012.gif

ボクの友だちはアメリカ人もいるし、中国人もいる。フランスのパリにも何人かいます。
特に親しいアメリカ人の友だちを温泉に連れて行ったら、大はしゃぎして、日に3回も自分でトライしたほどでした。まさに、アイツとは裸の付き合いです…。皇居に行ったとき、ボクは一礼したら、アイツもボクにならってそうしました。東大寺では、正座を覚えました。薬師寺では建築物と仏像を5時間も眺めていました。奈良公園では鹿にせんべいをあげました。でも、アイツが「マサミ、Women Only ってなんだよ?」って聞かれたらボクはなんて答えたらいいんだろう…って、怖くなりました。
そして、悲しいほど腹が立ちます。

ほんの極少数の心ない人たちのせいで、日本文化の素敵なところが打ち消されていくようで、ボクは悔しいです。そして、激しい怒りを感じます。

社内のルールも最近は禁止令で氾濫していると聞きます。
「セクハラ」だの「パワハラ」だの。アメリカ人のアイツだって、初めてこんな現代語と出逢ったときは、きっと辞書を引かないと理解できなかったかもしれない単語です。
そのうえ、「個人情報の秘匿」とか…。なんだか、ボクの祖国の歴史的文化がずたずたに切り刻まれていく。
e0013640_19302949.gif

いじめ… ストーカー… などなどの、嫌がらせをして喜ぶ人たちはほんの一握りの人たちでしょう。
こんな人たちのせいで、「禁止令」が一般的、と諸外国の人たちに感じられたとしたら、ボクの祖国ニッポンは誤解されちゃう。

日本人は確かに諸外国の人たちに比べて、「無神論」の立場を取る人たちが多いようです。
しかし…
「無神論」イコール「無道徳」になっていくボクの祖国が悔しい。
あんな恥ずかしいポスターを堂々と貼ったままにしているニッポンの今日の「常識」に、ボクは黙って素通りはできません。
子供たちだって駅を使います。「無神論」と「無道徳」とは、本質的に生きる意味が違うとボクは思う。

ニッポンがいつのまにか、「無道徳ニッポン」なんて、アイツに言われたらボクはなんと言い返せばいいだろう…。アイツは、いまでもニッポンが好きなヤツだから。「日本人は親切でやさしい。勤勉で思いやりがあるね」って、アツイはいまでもそう言ってくれる…。
e0013640_19301298.gif


人気blogランキングへ
文字をクリックしてね。忘れずに! ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2007-02-16 19:31 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル