「零の世界」って?

数字を漢字で記してみたら…
壱(壹)、弐(貳)、参(參)、肆、伍、陸、漆、捌、玖、拾…
捌く(さばく)が、「8」だったとは、ちょっと驚きです。

なぜわざわざこんな難しい文字を、簡単な記号で示せる数にあてたのか。改竄されたり、誤読されることを防ぐためだったといいます。
なるほど。理由を聞くと、納得できます。小切手や公文書の「一」に、また「ー」を書いちゃうとたちまち「二」。さらに「ー」を書き加えればその場で「三」に化けちゃう。
「一」や「二」が、簡単に「三」にもなりますね。なので、
こんなにややっこしい漢字で数を書いたら、もうどうにもなりませんね。悪戯はできない、という訳です。


ただ、不思議なことに…
これらの漢字をじっと見ていたら、ボクは「?」っと、思いました。
「0がないなぁ~~」って。
で、仕方がありません。キーボードに頼ってみました。
ボクの知っている「ゼロ」のつく言葉を打ち込んでみましょう、どんな漢字が、表示されるのか…
「ゼロ」のつく言葉ねぇ…なんか、ないかなぁ…
あっ、そうだ! つい最近の映画「男たちの大和」の…あれだ!
キーボードに「ぜろせん」と打ち込んで…それっ、変換!
そうしたら『零戦』と表示されました。『零』を辞書で調べてみました。

れい【零】
数量が全く無いことを言う語。ゼロ。

です。おお、まさしく「0」でした。「0」は「零」と書くんだ! 覚えちゃったぞ、うれしい発見です。
辞書君、PC君たち、あんがとう、ですよ!
e0013640_15283163.gif

この零は、数量が全くないこと、というのでその状態をボクは連想してみました。身長も体重も無くなって…温度もなくなって、時間も消え去って、全部の波動が無くなって…あれこれ、とボクの頭の中で思いつく限り「零の世界」の想像です。
そうしたら、「数学的数量」だけの「0」ではなくて、自分の「零」ってなんだろう…って思い始めました。
数学上の「0」って、言葉の世界での「無の概念」と似ているのかもしれない…って思いました。

なにもない。なにもない世界…光も影もなく、感情もなく、思考もない…なにもない「零の世界」を想像することは臆病なボクには恐怖感も伴いましたが、そのうち次第に慣れて、想像がふくらんでいきます。
どんな世界なのかなぁ?って。

で、もう一度辞書に目を向けました。
「れい【零】
数量が全く無いことを言う語。ゼロ。」

じゃあ、ボクが勝手に定義してみよう。主語の「数量」に限定しないで、主語を変えてみよう、って。
「自分」「世界」「宇宙」…「こころ」…。面白くなってきましたよ。
この際です、「数量が全く無いことを言う語。ゼロ。」という定義を「全く無いを言う語。ゼロ」にしてみました…。「全く無い」だけが「ある」ってことかぁ!?
「ない」が「ある」を漢字にしてみると、「無い」が「有る」ではなくて、「無い」が「在る」!
変な日本語だなあ…だけど、そういう感じなのですよ、ボクの想像した世界って。

で、このとき「なにもない」の「零の世界」って、ひとつだけ確実な支えがないと「零」が生まれないんじゃないかなぁって、思うのですよ。「無い」という約束事というか、絶対の決まり事というか、なんて表現したらいいんだろう…ボクの貧弱な言葉を駆使して頑張って表現してみると、「零の秩序」って言い方です。

e0013640_1526742.gif「零」とか「無の世界」とは、「秩序」の上に成立しているって…気がするのですよ。
「無」や「零」は、「秩序」っていうお母さんがいないと、生まれてこない…んじゃないのかしら。
変な言い方だけど。

昨日まで、富士山が雄大に見えるところで友だちといました。2泊3日です。この時期にしては珍しく快晴の3日間でした。
デッカイお風呂場のデッカイ窓ガラスの向こうには、富士山がドカンと腰を下ろしておられます。
体の半分以上は雪で真っ白でした。空の青色に限りがありません。
「ねぇ、みんなでもっと富士山の近くまで行かない?」

温泉であたためた体から暖かさを逃がさないように厚着して、坂道を上がっていきました。


富士山の頂には白く細長い雲が、白布をたなびかせているかのように、かかっています。
動くことのない雄大な富士山と、限りなく計り知れない青い空と…ボクのちっちゃな深呼吸。


ボクの目の前に、「零の世界」が在りました。

人気blogランキングへ
文字をクリックしてね。忘れずに! ありがとう!

…まさみ…
by masami-ny55 | 2007-01-29 15:30 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル