ズバリ!お正月用ご家族で楽しめる映画一覧<PARTⅡ>

今日は、昨日の続きです。
「サウンド・オブ・ミュージック」の紹介は、いまさらもういいですよね。で、見ているようで見逃していそうな…そんな映画を拾ってみましたが、いかがでしょうか? ご家族で見るのなら、この辺がベストでしよう。ビデオ屋さんにもまだあるはずですから…。

■ミュージカル映画
e0013640_838474.jpg
「グレン・ミラー物語」 1954年 117分 ジェームズ・スチュワート 、ジューン・アリソン
(ジューン・アリソンがなんとも可愛いのであります。全編流れるミラーサウンズをご堪能下さい。音楽好きご家族にはこれ以上の映画はないでしょうから。クリスマス向けの映画ともいえますね)


「5つの銅貨」 1659年 117分 ダニー・ケイ 
監督 メルヴィル・シェイヴルソン
(シッカリした脚本とダニー・ケイの歌も最高。後にダニー・ケイは、この映画で使った音楽を土台にして、リンカーンセンターでコンサートを開きましたよ。娘とルイとの三重奏は微笑えましい!)



e0013640_013988.jpg「コーラスライン」 1985年 118分 マイケル・ダグラス 、アリソン・リード
(解説は無用ですね。今年からNYで復活したミュージカル。何度見ても、ラストシーンは熱くなります)





■ラブストーリー

e0013640_148522.jpg「めぐり逢い」 1994年 108分 
ウォーレン・ベイティ, アネット・ベニング, キャサリン・ヘップバーン

(米国人なら誰でも知っているドラマのリメークです。ごちゃごちゃ文句を言わずに。楽しめますよ、この映画は。おしゃれで、可愛いから!)


e0013640_841529.jpg「偶然の恋人」  2000年 106分 
ベン・アフレック 、グウィネス・パルトロー
(アブナイ展開ですが、ちと緊張感があるぶん、見飽きない作品。こんなラブストリーもありなのが、ハリウッド映画なのです。新婚カップル様御用達映画っていうと、安っぽいかな?)


e0013640_1543976.jpg「メッセージ・イン・ア・ボトル」 1999年 131分 ケヴィン・コスナー 、ロビン・ライト・ペン 、ポール・ニューマン
(ショーン・ペンの奥様ロビン・ライト・ペンが素敵な演技をしてくれましたね。ちと、大人っぽい味のするお話です)



e0013640_2372231.jpg「恋愛小説家」 1997年 138分 ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、グレッグ・キニア
(コメディーにしようか、迷いました。この映画は、この三人が揃ったからこんないい出来なのですよね。そうなのよね、あのラストシーン! 目に焼き付いて…)




e0013640_204437.jpg「チャーリング・クロス街84番地」 アンソニー・ホプキンス、アン・バンクロフト
(映画的というより、文学的な香りのする作品。映像の向こう側に物語がもうひとつあるような…)





e0013640_264922.jpg「トスカーナの休日」 2003年 113分 
ダイアン・レイン 監督: オードリー・ウェルズ
(これもオナゴのドラマ。ダイアン・レインってこんなにきれいな女優さんだったんだ、なんて言わないでくださいよ! ロケ地がいいよね)



■フランス映画
e0013640_8302291.jpge0013640_15361943.jpg「太陽がいっぱい」 1960年 122分 
アラン・ドロン 、マリー・ラフォレ 、モーリス・ロネ 
監督 ルネ・クレマン

「冒険者たち」 1967年 110分 
アラン・ドロン 、リノ・ヴァンチュラ 、ジョアンナ・シムカス 
監督 ロベール・アンリコ

(イケメン…そんなに軽々しい言い方、やめてください! ほんとうのいい男っては、スクリーン史上ではこの人、ドロンしかいません! 嘘?! そう言うオナゴたち、見てみなさいよぉ。どうせ、「こんな素敵な人いるの!」ってビックリするんだから…。そして、そして…団塊の世代たちの超アイドル「ジョアンナ・シムカス」の輝きは永遠なのです!)


■イタリア映画
「ミラノの奇蹟」 1951年 96分 
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
(古いけど、いま見ても楽しめますよ。とくに、子供たちには…。空飛んでっちゃうから、箒に乗って。ホントだって!)

■日本映画
「寅さんシリーズ」より
e0013640_219965.jpg…名作「リリー三部作」のほかには、
「寅次郎夕焼け小焼け」1976年 17作 太地喜和子
「翔んでる寅次郎」1979年 23作 桃井かおり
「浪花の恋の寅次郎」1981年 27作 松坂慶子




e0013640_2303286.jpg「遙かなる山の呼び声」 1980年 124分
高倉建、倍賞千恵子、吉岡秀隆
原作/監督 山田洋次

日本アカデミー賞最優秀賞受賞作品 (主演男優賞/主演女優賞/音楽賞)
毎日映画コンクール(優秀賞/女優演技賞)
モントリオール世界映画祭 (審査員特別賞)

(健さん、絶好調! 得意の乗馬シーンあり、コーヒーを自分で入れるシーンあり…。吉岡君の子役時代、とあなどるなかれ。ホントいい役者なのですよ、この頃から。で、倍賞さん…。もう、見てくださいよ! そして、笑って、涙して…拍手してあげましょう!)

人気blogランキングへ
文字をクリックすると人気blogランキングに投票されます。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-12-27 02:55 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル