板橋 赤坂 韓国カンヌン 米国ミシガン NY…のブログたち

仕事柄なのかそれともボクの気性なのか、多くの人たちの中で生きています。
ひとりぼっちだと気がつくと、ゾッとします。お化け君でも、お化けサンでもいいから、話し相手になって、ひょっこりと出てこないかなあ…と、さえ思うほどの、人恋しいボクなのであります。

そのボクの話し相手は、時々人だけとは限っていません。楽器だったり、CDやDVDに、PCだったりします。が、一番の長い友だちは、「クルマ」です。
そのクルマなのですが、最近、乗ってたクルマが変わりました。

いままでは、スカイライン。
基本的に2人乗りですが、大勢を乗せて移動することが多いので、助手席に乗る人は、ジャンケンです。だって、後部座席は狭い。ギューギュー。3人が後部座席に乗り込むこともけっして珍しくありません。スポーツカー、それも真っ赤な派手なクルマに、農協の団体さんみたいににぎやかに移動です。
もっとも、移動先が白金とか六本木などの「人気スポット」ならまだ救われるのでしょうが、四谷の焼き肉屋さんだの、白山のお好み焼き屋さん…です。

で、これではあんまりなので、古いグロリアに乗り換えました。
これなら、大勢で移動しても、少しはラクに移動出来るからです。
だたし、大きなクルマになったので運転するボクにとっては不便を感じます。小回りがスカイラインのようにはいかないからです。

板橋のアパートから職場に行く道すがら、踏切を2回こえます。
駅前の商店街を抜けながら、のんびり走っているのですが、この商店が楽しい。コンビニの隣が電話屋さん。乾物屋の隣におソバ屋さん。その近くはドラ焼き屋さん。地元の商店街の人たちが通うパソコンスクール、隣は洗濯屋さん。その洗濯屋さんの向かいにも洗濯屋さん。競合してます。八百屋さんあり、魚屋さんあり。鍵屋さんもあります。
対向車線は1車線。狭い車道をのんびりのんびり…。
1回目の踏切は、JRです。人混みを避けながら慎重に通過していますが、ときどき犬を連れた高齢者がいるので、とくに気をつけます。

e0013640_18375121.gif
この商店街を抜けてしばらくは知ると、すぐに巣鴨の地蔵どおり商店街に出ます。ここは、狭い。
都電の踏切をこえますが、高齢者のカップル、団体さんで毎日ごった返しています。
半袖のおばあちゃんたちが大勢で踏切を渡っています。
…夏らしくなってきました。

ボクは夜遅くなると、この地蔵通り商店街の家庭料理「ときわ食堂」で食べます。
野菜炒め定食が450円、サンマ定食は500円程度。納豆と生卵を特注して豪華版にしても、700円でおつりがきます。冬は、肉ジャガ定食とかおでん定食。それでも、600円程度でお腹が温かくなってきます。
近所で生活している叔父さんやひとり暮らしのOLさん、グループで来ている人たちなど、いつもこのお店はにぎやか。ビール瓶をおいて、お刺身を食べながら雑誌を読んでいる叔父さんもいます…

板橋の商店街にも、おそらく都内1番の安さ、という中華屋さんがあります。
五目ラーメンと餃子をつけて750円。これがボクの一番のお気に入りになっいます。
定食は、450円から750円程度です。中国人が料理してくれますから、味は保証付き。

昨日のこと…
久々に「都会」に出たくなりました。赤坂でちいさな飲み屋さんを出しているチャコとおしゃべりをしたくなり、「今日、行く!」
で、クルマで移動です。ボクはそこに行っても、お酒は飲みません。クルマ、だし…
おしゃべりがしたくなったから。
さて、駐車場です。みつけました、どこにでもある、あの「100円パーキング」です。

ひとりでは、淋しいので荻窪のババちゃんに電話です。
「来いよ!」 …「行く!」
ババちゅんも目下、禁酒中。あんまりのデブぶりが気になってお医者さんに見せたら、なんでも脂肪が付きすぎて、死にそう、との診断だったそうです。要は、喰い過ぎ、なのですよ。身長はボク程度なのに、体重はボクの2.5倍! 100キロをこえました! だから、彼と一緒のエレベーターは問題です。新聞沙汰にはなりたくありませんので、ボクは階段を使って4階まで。

ふたりでは、淋しいので、オカダ君に電話です。新国立劇場で「マクベス」だったか…「理髪屋」だったか…とにかくなんか本番でしたが、電話したら「終わりました」とのこと。「いま、ボク、赤坂。来る?」
「行きま~~す!」

お酒も飲まずに3人、男のくせにおしゃべり疲れ。

「コーヒー、飲もうよ」と、ババちゃん。
「いいけど、ここ赤坂だぞ…」と、ボク。
「??」との顔のババちゃん。

店内には行ったら、ババちゃんが突然「すげ~~」と、声を絞りました。
とてもじゃないけどボクたちが来るようなお店ではない、のですよ。高級感が漂ってます。
ということは…

出て来たアイスコーヒーは、カクテルグラスに注がれていました。
ちびっと、しか入っていません。
「18時間、かかって創ったコーヒーでございます…」

で、おそるおそる伝票を見るとぉ~~
!!!!
ね、スゴイでしょ。ひとり、1300円。
もし、アメリカで1杯13ドルのコーヒー出て来たら、どうなっちゃうでしょうか。
3人で、3600円!
「ときわ食堂」の一週間ぶん、ですね。

話のタネ、とババちゃんは笑っていました…

「100円パーキング」でクルマを出そうと、精算機へ。
あらあら、20分で400円だそうで、3800円、でした。
あ~~~、これでは、海外の友達を「アカサカ」には、ご案内できそうにありませんねぇ。
板橋や巣鴨の庶民的な場所を案内したくなりますが、いかがなものでしょう、か…。

極端な都会、それがいまのボクが住む「東京」ってことなのでしょう。NYも極端だったけれど…この極端さとは違う気がします。


そうそう、韓国の友達がブログを作りました。
見てあげてくださいませ。

http://hanabuta8.exblog.jp/
「韓国 日々の生活」
です。
e0013640_1834154.gif


彼女は、韓国で、日本語教師をしています。
マキちゃん、っていいます。ボクはこの先生とは、お会いすることはありませんが、「メル友」さんだったのです。いまでは度々お手紙も交換しています…なので、いまでは昔流に言うと「文通ともだち」って人です。

このブログの作り方を指導してもらったのは、実はマキちゃん、なのですよ。それから、ボクの「韓国ドラマ」も、彼女の解説つきで楽しみました。しかし、現実を知ると「あこがれ」が消えちゃうときもありましたが…。
まあ、そんなことはいいとして、まずは、ご一読のほどを。

この際、カテゴリの引っ越しついでに、ご紹介しておきます。ボクが朝、読んでるブログです。

http://blog.livedoor.jp/iruleusa/
「Guess What?」
e0013640_18334567.gif


ミシガンの主婦、お子さんがカワイイのですよ。ご一読してみましょう!
で、1票入れてあげて、ね。けっこう、緊張感があったり笑えたり…東京生活しか知らない人には、驚異の内容かも…ですよ。短文で、いい原稿です。

http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/
「Soraの彼方 inNY」
e0013640_1833581.gif

タイトルがいいよ、ね。
NYの話と言えば、「喰う」「遊ぶ」「買う」ってブログが圧倒的なのに、このブログは日常生活を書いていますよ。もっとも、体験的な紹介もあって、じつに誠実な文章。これも上記の通り、主婦のブログです!
1票、入れてあげて、ね。
きっと、よろこぶはずだから…

e0013640_18322488.gif引っ越したら、おもしろいことが起きてますよ、ボクのブログに。
おもしろい、うん、新しい出逢いを感じています…



…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-06-27 18:42 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル