タクタク君のこと…

サラリーマン生活につきものの言葉たちがいる…。
例えば「新規採用者」とか「途中入社組」、「終身雇用の賃金」とか「能力給の査定」、「正」社員と派遣「さん」…だの、という言い方はいかにも日本風だが、区別感を好む日本企業にはこうした言葉が相変わらず継続している。こんな言葉たちの陰に隠れて、差別や支配を感じなくもないのだが…。

さて、そのサラリーマン用語のひとつに、「円満退社」という言葉がある。
履歴書に記入するときに、この言葉を書き込んだ人たちもいるのではなかろうか。
最近では耳にすることは少なくなったが、まさか、死語ではないだろう。

円満な退社とは、どんな退社の仕方なのだろうか…。
e0013640_19183085.jpg
職場の仲間たちから惜しまれて退職することか…それとも、
退職の理由を仲間たちに理解してもらうことか…それとも、
職場に被害や迷惑をかけない退職の仕方を、そう呼ぶのか…

転職先の会社の人事課から「前の会社は、円満退社ですか?」と尋ねられることもあるだろう。
要は、「仲良しの状態」での退社か否かということなのだろう。「仲良しの別れ」とは言えないが「喧嘩別れ」だって、あるだろう。どうせ、人が集まっているのだから、職場といえども「喧嘩」もするだろう。意見や言い分の違いはどこにでもある… かつて、ボクのいたマスコミでは、社内外の喧嘩と批判、論評と争いごとはつきものだった…
かと言って、どんなに派手な言い争いをしようとも、会社に対して実害を与えるようなことはしない。

公金の横領や、会社の開発技術やノウハウ、会社側の顧客名簿をなんの相談もなく無断で私物化するようなまねをする社員は、本人がどんな言い訳をしようとも、「円満退社」にはならないだろう。


ところで、昨日のこと。
「円満退社」したスタッフがいる…
まさに、絵に描いたような「円満退社」だった。

タクタク君である。
スタッフになる以前から11年間も、仲間たちとかかわり続けたから、彼には友だちが大勢出来た。
この間、恋らしい体験があったようだが、交際途中で「違う!」と言い放って、その関係を「ただの友だち」に軌道変更したそうだ。

タクタク君は、大変な働き者だった。
ダンプの運転手であり、美容室の技術者でもあった器用な前歴から、ここの業務を なんでもこなしてくれました。そんな姿を見て、仲間たちはタクタク君を大好きになっていったようです…


e0013640_19143194.jpg
結局、タクタク君はメキシコの隣国にある中南米の小国「ポカホンタス(?)」に移住して、叔父さんの経営するホテルの仕事をすることになりました。
本人は「もしかしたら、また戻ってくるかも…」とは言うものの、しばらくは日本とはお別れのようです。

そんなタクタク君との別れを惜しんで、昨日、喫茶302で盛大な「見送り会」が催されました。
好物のタカノのショートケーキを頬張りながら、タクタク君は30人以上の仲間たちに見送られて、ご満悦だったようです…
サトナちゃんのタクタク君に「送る歌」が、印象的でした、ハイ。

みんなは、何を記念にしようか…と、考えたあげく、ノートパソコンを贈ることにしたようです。
「これがあれば、メールが書けます」

「えっ? くれんの? ホントに!」
と、歓声を上げるタクタク君でした。
その国では映画も見られないだろうと、DVDを20タイトル入れた仲間は、ガンキチ君でした…
関西から急遽この会合に駆けつけたドイツのヘルメット君は、「ダビンチ コード」の本を…
サトナちゃんのお母さんは、自分のお気に入りのCDを…

お姉さんに紹介されて、みんなと出逢ったタクタク君。「あの頃は、ただのチンタラ男でした」と、ご本人の弁を聞くまでもなく、みんなと出逢うことがなかったとしたら、「ポカホンタス」への旅もなかったことでしょう…。

そのお姉さんが、今はタクタク君の紹介でまたみんなとかかわり始めています。

タクタク君は、ここを退職してもみんなとのかかわりは変わりません。そして、海外に出ればまた、友だちも増えていくことでしょう。

円満なお別れとは、「また、いつでも会える関係」のことです。つまり、「別れ」がないのです。

「二度と会わない、会えない関係」ではありません。会えない関係を創って、職場を去っていく人たちに限って、人間関係を狭くしていくのではないでしょうか… 家族も、友人関係も、その場だけの「いいとこ取り」で終わっているために、結局その後は仲間たちから「お誘い」を受けることは、もうなくなっていくようです… 
ボクは、タクタク君の生き方を見ていて思いますが、人は「与えた分だけ、人に与え返してもらえる」んだなあ、と。得損に重きを置いた人たちは、結局、老いていくたびに財を確保することにのみ、生涯を費やすんだ、と…。自分が得すれば「しあわせ」だと思っている。
こういう人たちとは、友だちにならなくて、ボクは良かったと思う。

生き方が違いすぎます、ね。

みんなから贈られたノートパソコンを手にしながら、タクタク君は、
「これでブログが読めるね、書き込みも出来るし…楽しッス」
だ、そうです。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-05-30 19:22 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル