アメリカの友 第3弾 …Are you growing? …


あのさぁ~ 太平洋の向こうで、モンモンとしているのは、もうよしましょう、ってばぁ~。
どうせ、日本には来てるんだから、会いに来なさいよぉ~~
楽しいぞぉ、「言葉たちの世界」は。
e0013640_4204341.jpg

韓国ドラマの定番といえば、交通事故と記憶喪失、でしたよね。
で、また交通事故に遭うと記憶が回復したり…って、ものすごい設定だれど。

記憶がなくなるって、つまり自分の「言葉」を失うってことですよ、だからこれはおっかないです。
つまり、自分が無くなる…
そして、まわり、環境がなくなる…

身体は生きているけれど、身体より先に「自分」という「言葉」が無い…
まあ、人の魂が身体よりも先に死んでしまうってことですよ。

それとおんなじことなんだけど、ある環境に自分を置くと、いつも同じ反応をしている…としたら、こりぁロボットでしょ。それに気づかないとしたら、魂が死んじゃってる状態とおんなじ、ですよ。
自分の使っている「言葉」が、わかってないだもの。ヤバイ、です。
こういえば、ああいえばいい…
こう言われたら、ムカつく…
こう言われたら、許してあげる…

だのと、過去の出来事を根に持っている人たちって、怖いですよ…
だって、人との会話が成立しないんだから、こういう人って。だから、怖いの、よ、ね。

e0013640_423143.jpg朝、その時刻に身体を布団から出す。部屋を歩いて、トイレへ。そして、洗面所で使い古した歯ブラシを使う。そそくさと身支度して、駅に向かうが、なにも考えたり思ったりすることはない…いつもの朝。なんら、変わっていない毎日。
職場に着いたけど、挨拶もほどほど。別にお互いに笑顔もない。昼食は、人のいる社員食堂でしているけれど誰とも会話することはない…食べているだけ。食べる時間はほんの数分。食べ終わったら、自分の机に寄りかかってひと眠り… 
話しかけられても、人の目を見ないで、話す…できるだけ、短時間で会話は終わらせる。
そんな自分のふるまいに気がつかない、としたら、ヤバイですよ。
変わっているのは、老けていく自分。若々しさとはほど遠くなっていく自分の姿…だとしたら、ヤバイって!

だって、「言葉」が死んじゃっているんだから。

変化なし…停滞と漂泊…の繰り返し。
そこには「人の成長」はないです。老いていくだけ、ではありませんか…

老いた自分に嘘をオナゴたち。
高額な「変身用具」を買い込んだり、間違えだらけの食生活で「ジコマン」している。
40過ぎて、なにをいまさら、と思うが、他になにをすべきか自分でも実はわかっていなかったりする。いい年なのに、「愛」を確保したがる…ヤバイ、ですよ。どうせ、あと数年で完全に「言葉」を失うのに…ね。
そんなオナゴ心理につけ込んだ商売が至る所に…ありますねぇ。
要は、「不安」なのですね。それを処置しない。気づいていないから。

普遍は…
永遠とは…
美とは…
そして、「生きる言葉」とは…

「愛」なんかじゃないのだ! そんな「ジコマン言葉」の中に「光」が潜んでいるわけがないのだ。

世界は広々している。
海はとてつもなく広いのに、なんと自分の存在は小さいことか…

言葉の森は、とてつもなく広々している。
光と影が美しい…
迷ってもいいと、覚悟さえ出来たら、歩く勇気の足さえあれば人たちは「永遠」を見つけられるのに…ねぇ。

e0013640_421482.jpg
ここで待ってるから、はやく大海原を越えておいでよ!
きかん坊サン…



…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-05-19 04:03 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル