現代版「三蔵と悟空」

子供の頃、「西遊記」が好きで好きで仕方がない…
斛斗雲(きんとんうん)、如意金箍棒(にょいきんこぼう)、緊箍呪(きんこじゅ)の孫悟空3点セットを本気で欲しがって、母親に、どうしたら手にはいるのか聞きただしたことがあった…

e0013640_40712.jpg

斛斗雲さえあれば、青空のさらに上に飛んでいける。青空の上はきっと真っ白で透明な光が固まっていて、その上には竜宮城みたいなでっかいお城があって、その上には見たことがないほどのたくさんの星の群れがあって、そのまたさらに上には、透明な自分にしか見えない明るい天国があるに違いない…だから、それを見たくて、悟空のように斛斗雲が欲しかった。もの凄い早さで飛び回って、誰よりも早くその世界を見つけられる。そして、誰よりも早く元の世界に戻ってこられるのが斛斗雲の魅力だ。

如意金箍棒を持っていれば、もしかしたら宮本武蔵より強いかもしれないと、本気でそう思った…妖怪が来てもこれさえあれば地の底に追いやれる。背中がかゆくなったら適当な長さになるから手の届かない場所でも、とどく。便利だ。だいたい、チャンバラしたら絶対に勝てる! これは、欲しい…

緊箍呪は、帽子みたいだ。そもそも光っているのが美しい。きちんとしている。正義の象徴みたいだ。ヘンテコリンな仮面をかぶるのはイヤだけど、これなら!
…と、子供の頃そう思ったものだった。

いまボクの斛斗雲は、スカイラインと言うことになる。真っ赤だ。とりあえず、計算上は300キロで走り抜ける性能だ。もちろん、タイヤの気圧の関係からそれは無理だが。310馬力にしてある。
緊箍呪は、「制服」に化けている。ボーイスカウトの制服、学校の制服…ボクが「制服」を好むのは、きちんとした感じが好きだからだ。目的を以て行動している人たちの象徴が「制服」に現れる。緊箍呪、の印象がそのままである。

如意金箍棒は、ボクの場合「言葉」ということになりそうだ。
使い方を誤ると、自分が危うい。かつてボクは、そのために大怪我をしたこともある。


ところで、悟空の得意技と言えば、「化身の術」だ。自分の毛を抜いて、それに息を吹きかければ自分と同じ「悟空たち」がたくさん出来上がる…という術。悟空と同じ志をもって、妖怪退治にあたり、三蔵と天竺まで旅をする護衛にしている。

この術は、なんとなくだが、「旧約聖書」を思い浮かべることが出来る…似ている感じがした。

神様が土を自分の姿に似せて人を創った。アダムである。そのとき、神様は「命の息」を吹きこんでいる。そして、エデンの園をアダムに与えているという話が、悟空の「化身の術」とボクにはダブる。

e0013640_4112279.jpg
似ていると言えば、「アーサー王の伝説」に登場する「円卓の騎士たち」も、この「化身の術」とダブる。アーサー王と円卓の騎士たちは、同じ人格だと思えるのだ。

なんというか…「友」そのもの、とでも言おうか。
神様と人とは、本来「友」でいい。
アーサー王と円卓の騎士も、上司と部下ではなくて、実は「友」でいい。
生きる命のある場所は違っていても、生命の使い方は同じ。「友/とも」だ。

悟空の敵は、妖怪である。それは三蔵の敵でもある。
三蔵と悟空は、「友」でいい。師匠と弟子の関係から、お互いの目的がひとつに重なったとき、「友」になっている。さらに悟空は「化身の術」を使って「友」を増やしている…

妖怪を退治すれば、釈迦のいる天竺が待っている。


妖怪の住処は…まあ、そんなことはどうでもいいが、しかし、旅を続けていると確かに妖怪変化たちとボクは随分、たくさん出逢ったものだ。


そして、いま。
「友」が戻ってきた…

「友」は「友たち」と出逢って、いい。妖怪とわかっているのなら、それらはもう避けておこう。時間がもったいない。
もはや、妖怪は妖怪の術を使うのだから。「サル真似」と「被害者」の術だ。聞き苦しく、見苦しい。そこに、心の豊さは微塵も存在しない。在るのは、見栄で彩られた粉飾した妖怪の姿である。
妖怪は、仏と神の悪口を言い合って、嬌笑する。
妖怪は、心の故郷がない。妖怪は、天竺を恐れる。

そして、妖怪たちの世界には、
…「友」の会話は存在しない。

目的が重なっている人たちと出逢うために、また彼らは十数年前のように「旅」に出ている。
だが、もはや以前とは違っている。「新たな旅」のルールに従って…

光栄だった。
記者時代ならともかく、現在のボクにとって光栄な出逢いがあった。先日参加したご家族のお嬢さんがボクの授業に来てくれる… わざわざ自分でボクの事務所に電話してくれた…
こうした結果も、みな、我が「友」のおかげである。
e0013640_4152128.jpg





…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-04-26 04:13 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル