初春「郡山のサクラたち」

福島県の郡山ならまだ桜が咲いているかもしれない…
昨年の今頃だった、競技場近くの土手に、桜の大木が続いていたことを思い出した。
あのときは見事に満開だった。

e0013640_4304037.jpgカズマサに電話した。
「今日の朝は雪でしたよ。サクラ? まだですよ」
でも、行きたくなった。調整したばかりのクルマの調子も調べたいし。
スカイラインは、今回はお休みです。

5時過ぎに現場に到着。カズマサ君が高速道路の出口で待っていてくれた。
「泊まっていってくださいよ」
有り難いが、そうも行かない。ただ、初春の福島県を見たかっただけなのだから…。

カズマサ君の会社におじゃました。その後、カズマサ君の自宅へ。
なんと、ご両親がお出迎えしてくれたのです。
突然、風のようになんの前触れもなく、ふらりと来たボクなのに。恐縮です。
昨年はここに宿泊させていただき、お世話になったことを思い出します。広々した畳の部屋がボクは気に入ったものでした。

近くの和食店に案内された。ご馳走になった…食べきれません、こんなにたくさんのお料理。
なにしにきたのか、ボクは…。
カズマサ君の父君が笑顔で郡山の歴史などの話をたくさんしてくれます。

すると、カズマサ君の姉妹も登場です。「来ちゃいましたよぉ~~」
結局、カズマサ御一家全員集合ってことになっちゃたのであります。
なんだか、大変なことになりましたねぇ…

そこに、電話です。
カズマサ君が「ホントにぃ?」とビックリしてます。なんだろう…

e0013640_4354584.jpgしばらくすると、なんとなんとハシモト御一家も全員集合ではありませんか! アラ?なぜか、タムラ君もいるではありませんか。

東京から戻ったカズ君が「会いたくなっちゃって、来ましたよ」だと。
カヨッペもナカコも、そしてご両親も。

お正月の挨拶って感じですぞ。結局、10時頃までワイワイ、がやがや。
デザートまで…
カズマサ君のお母さんが、「この前、ボランティアで行ってみたら、とっても勉強になりました。また5月には行こうと思ってます」と、有り難いお言葉です。
ハシモト家のお母さんこと、キョウコさんまで、
「体調が整ったら、4月にもう一回あの講義を聴いてみたいのよ」
なんだか恥ずかしくて、汗が出てしまいます。うれしいお言葉。


e0013640_4365880.jpg
「昨日のブログ、読んでたら、涙が出てきましたよ。まったくその通りですね…」
まあ、感動的なお言葉です。

すっかり、ご馳走になり帰ろうとしたら、カズマサ君のお母様が、
「ハイ、これ」って、お土産まで…。

郡山のサクラはもう少し待ちましょう… でしたが、サクラ見物以上にあたたかい春を満喫させていただきました。
そろそろ、学生達は新学期でしょう。ボクも、もうすぐ新学期を迎えます。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-04-07 04:41 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル