四月! …出逢いの季節…

ここ数日間は、いい夢を見ていました…
その「夢」はもう終わったのに、夢の名残りを追いかけて、それとも「夢」の中にいるのか…なかなか現実に戻れません。

21日の「春分の日」、WBCのテレビ中継。
日本チームの優勝です。
ひとり、部屋の中で、躍動する彼等の映像を追いかけて、その光景が眩しく、歓声と熱情までもここに届いていました。


そろそろ、現実に戻る時間のようです…
e0013640_10551643.jpg

今週の月曜日のことでした。
秀さんのお姉さんが授業に参加したあと、「創作」もしてみたいと言うことで、果たしてどうなりますか…
とにかく、今回の授業は後味がよかった。
はしゃぐ人もいたし、溶けない氷みたいな人もいたし、深刻なことばかり言いたいひともいたり。人が集まれば、いつもこういうことになりますね。
今回は「期待」できません。なので、じっくり進んでいきました。期待感を感じない方がボクはノビノビできます。

そしたら、ヘンテコな人たちがひとりをのぞいて全員が秀さんのお姉さん同様「創作」もするんだ、とのことでした。
期待していない方が、いい結果が出るようです…
e0013640_10554041.jpg

なんでも秀さんは十数年前にこの授業のことは伝えたのですが、うまく伝わらなかったようでした。
そして、十数年後。参加したお姉さんがボクに言いました。
「今回のヒデの表情があのときとは違っていたの。話の内容にも感心したし…で、今回参加したんだけど、この授業に参加してホントによかった」

お姉さんは、実は長男にも伝えてもらっていました。なんで、この三人には、とても素敵な卒業式になったことでしょう。

そう言えば、エイジゥロウ君のお父さんも参加でした。お父さんもみんなと一緒に「創作」に。
おやおや、お父さんはエイジゥロウ君の後輩になっちゃっいましたぞ。これからは、エイジゥロウ君からお父さんはいろいろと教えてもらわないと…ね。

「創作」といえば、ものスゴいことが起きました。
京都にいる愛称「フトン屋」が、目標にしていたことを「達成」させたのです!
「伝えるって、楽しいことなんですねぇ」
かなり時期遅れな気づきですが、まあ、そんなことはいいでしょう。あれほど生き生きとした表情で話をしているフトン屋は見たことがありません。みんなから、手荒い祝福を、照れくさそうに喜んでいましたよ。自信がついたのでしょう、きっと。フトン屋君は「達成」という言葉に出逢うことをあきらめなかったんですね。なんどもなんども挑戦して… すごいフトン屋君です!


e0013640_10594223.jpg
さあ、四月。

桜が咲き、ボクの大好きなベースボールが開幕しますよ。
がんばれ! ヤンキース!


この季節はみんながそうなように、「出逢い」の季節。いい人たちと出逢いましょうよ。
そして、「夢を現実」にしますか! ね、みなさん…


…まさみ…
by masami-ny55 | 2006-03-23 11:02 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル