浪 静か…

ロシアのバルチック艦隊を見つけたとき、真之が大本営にこう打電した。

敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ
聯合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス。
本日 天気晴朗ナレドモ 浪高シ

と、冷静に的確にこれからの行動を報告したが…。
真之は勝利は不可能とされた日本海海戦において、圧勝して、生きて返ってきた。
親友の子規はその年にはすでにいない…。

いよいよ、ボクの決戦日が決定!
明日、月曜日早朝7:00病室で検査。8:30手術室にて「肝臓がん」摘出手術。45%を摘出するとの報告だが、その戦いの中で「敵・がん」を新たに発見次第これを撃滅せんとの作戦はすでに聞く。
今日、さらに「新たなる敵」を発見との報告も聞く。それは、胆嚢(たんのう)に、胆石が多数あり、とのこと。医師によれば「不幸中の幸い。万が一にもこの中の胆石が胆嚢の管にこぼれていたとしたら…大変なことになっていた」と。

そして、医師は力強くボクに宣言する。

「ついでです、胆嚢も削除します!」との、頼もしき報告。
「撃滅! 存分に!」と、答えようとしたが、チャンバラごっこみたいになるので、
「お願い致チます」と、少年のようにさわやかでどこか恥ずかしさを残して、軽く会釈しながらそう応えた。満点の返事のしかただろう。

まさしく、我の身体は、刻一刻と、戦いを続けるほどに「新身体」になっていく…ぞぉ。


明日の月曜日、集中治療室なる部屋で独り、一夜を明かすとのこと。寂しさを感じたら、生きている証。
だが、戦いは明日で終わるのでない。その後の戦いこそ、「生きるすべての戦い」なのだ!

食する、排出、呼吸、血液の流れ、心拍数、白血球の値、視力、聴力、身体の運動などなど…その後の戦いは枚挙にいとまがない。
「しばらくは、なんらかの点滴が身体に付いているので、その間当分はこちらの指示通りに…」

と、春日局みたいなことを平気で言うここの看護婦ちゃん。その出で立ちは、ピンク…。なぜか、全員が容姿端麗…揃い! この辺がここ順天堂病院の人気の原因なのか…「鶴の恩返し」の「鶴」みたいな、きれいだけど影がありそう…消極的っぽい、みたいな人はいない。実に、おやさしい…のよ。
そのうちの何人かのご婦人にはすでに、「付け届け」は、すませた。そこはぬかりない。

削除しても臓器の切れ口から「毒の液体」が流れ出る由。これをクダをつけて体外に放出する。
傷が凄い。
ミゾうちからおへそまで垂直に30センチ、そこから直角に右に30センチ斬る。
そして、肋骨の下にある肝臓のバイキンたちを我ら順天堂病院の外科医チームが全軍でこれを叩く。総指揮官は、膵臓外科では天下にその名を轟かせておられる…なんだっけ、ホラ…川崎先生でしょ!…が、自らボクの戦いに参戦してくださる。と、本日、確認する。
なんと、川崎先生がお一人で、ボクのベッドに朝方来られて、
「では、明日…」
「ハイ、よろしく…」
挨拶こそ短いが、このことばに両人の決意が込められていた。

体内に潜むすべての「バイキン」を叩く。撃滅せんとす!
もし、勝っていたら…
ボクの指が今のような動作が出来るのなら…
来週の金曜日には…再びこのブログに新たなる記事が載ることだろう…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2014-06-29 12:39 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル