「犬の心臓」…

e0013640_3393938.jpg

「犬の心臓」を観てきました。
上野駅からほど近いマンションの地下にある小ホールで、2時間の舞台でしたが、あっという間に時は流れました…。


久々に手応えのある芝居を観てきたって実感。
脚本・演出は原田一樹さんです。
俳優座の方々がマジってのお芝居を観るのは…久しぶり。文学座の面々とか、劇団AUN(主宰・吉田鋼太郎さん)とかは多いのですが…。


初日と言うこともあり、まだ役者さん達の絡みが馴染んでいない感はありましたが、とっても楽しい舞台でしたね。まあ、原作・ブルガーゴフの『ロシア現代劇』と看板に掲げられると、ちと、身構える人たちもいるかも知れません。でも、これは…日本で言えば、漱石の「猫」的であり、中島敦の「山月記」的なお話しとにてます…と、言っておいた方が取っつきやすいでしょう。


注文があるとしたら、もっと笑わせて欲しかったなあ…。
ちと、身構えて演じていた感が最後まで続いていたようです。カーテンコールも、あんな難しい表情をしたままなら、つまり、演技のままで登場するなら、カーテンコールはしなくていいかも…。「小難しい芝居です」なんて、前面に押し出す必要なんてないとボクは思いますが、いかがなものでしょうか。

というのも、今回の舞台は「本邦初」とも言っていいほど、珍しい舞台です。
かといって、「ソ連時代には、絶対に原作の発行は許されなかったという逸話を持つ作品」という側面を臭わす必要なんてない、とボクは言います。日本でも、こういうお芝居がもっと大衆的に広がっていいと思うからです。難しくしたがるのが、戦後の演劇傾向なので、なかなか気軽に芝居見物ってわけにはいかない…と、ならないようにしないと、ね。

漱石の「猫」も「坊ちゃん」も所詮、大衆小説です。
でも、「よく読んでいくと…いろいろと…」という読後感を小難しく掲げると、いらぬ力が漂って、その余分な力が舞台から観客に感染して、観客達の微笑みと楽しさを消していきますね。このお話は、喜劇なのですが、こういう演出をしたかったのかな…とさえ思えてきますが…。

いずれにせよ、この舞台は一見の価値は十分ありますし、そもそも飽きずに最後まで「で、で、で、どうなのよぉ?」と自分なりに展開予想を立てながらお芝居を観られます。

吉野悠我さんが問題の「犬」役! おかしい~ッ。餌をあげたくなりましたワン。
ポリメンターリ医師役の志村史人さん、ジーナ役の安藤みどりさん、そして気になった役者さんがフョードル役の森下高志さん…。

ボクはとってもこの舞台が気に入ったので、楽日もみんなで見に行こうと思って、予約しちゃいました!

中島敦「山月記」や「悟浄歎異―沙門悟浄の手記―」は、青春の文学街道ではだれもが通る標識です。梶井の「檸檬」にしても、牧野の「西瓜喰ふ人」「地球儀」などもそうだが現実生活の中に突然、異物が飛び込んだら…、異物を発見したら…。今回の舞台もそんな青春の名残りさえ蘇ってきましたね…。

もう少し、ワンワン、とワラワしてほしいのです、ボクには。
ボクの好みは…ですねぇ…ジェーン オースティン「高慢と偏見」で~す。そう、現代的に言えば「ラブコメ」なんです。
ちと、昔ならトムとメグの「ユーガットメール」でしょ、もっと昔ならジャック レモンとシャーリー マックレーンの「アパートの鍵貸します」とか…。
ああいうお話が好きです。ハッピーエンド…です!
e0013640_402698.jpg

あとは、日本の時代劇…これはもうあきらめてます。だって、いま例えば「七人の侍」のキャスティングができます? ね、誰もいないでしょ! ちと、いやみったらしいのでこの辺で…と、思いましたが、「ジャック レモン」で思い出しました。この役者さんは優等生的雰囲気ではない。ただ、どことなく若い頃から「男の哀愁」「やさしさ」「せつなさ」を感じさせる役者さんでしたが、いまその残像を、吉野悠我さんに感じています。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2014-04-24 03:42 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル