新春のイベントは…「ユーガットメール#12」若者達の応援歌

とにかく、です。
今年になって初めての記事になりました。ので、一応このブログに、
「あけまして おめでとうございます」

まあ、今年の正月はスゴイ年明けになりました。例年どおり、日光東照宮に初詣したかと思えば、東京に出掛けてともだちとともに浅草、六本木、青山あたりを歩き回ってと、忙しないこと。
とはいうものの、賑やかで華やいだ時でした…。

e0013640_14541439.jpgさてさて。
今年、早春のイベントを創りました。
「若者世代のユーガットメール」です。3月21日、22日に公演します。2月から「ぴあ」で発売されるはずですので、よろしくお願いします。そうです、「切符を買ってください」ってことです。三連休の真っ直中なので、お早めに。


今年から「ユーガットメール」は、3月にも公演することになりました。

3月って日本人が好きな月ですね。
「卒業シーズン」であり、季節は「桜咲く」春の日射しが眩しく感じて、若い人たちが輝くとき…ですよね。


いままで、8月の「夏休み」だけ11年間続けてきましたが、今年から「春休み」にも舞台を創ろう…って、ことにしました。


3月公演の特徴は、「若き世代のハーモニー」です。みんながカラオケなんかで歌っている曲とか、学校で習った曲とか、とにかくなじみ深い曲のオンパレード―になるはずです。
それと、ちと、「うっそ~でしょ!」なんて皆様を驚かしちゃう演出もしますから、お楽しみにね。出演者はいままでの「ユーガット」の歴史では最大の12人が登場します。
若い人たちの応援歌の舞台とはいえ、むろん、座長の山田展弘、あの手紙たちを朗読する柳沢三千代、演技の柱である林蘭、最高の美声で歌い上げる中西勝之などのレギュラー陣もちゃっと登場します。

ほんのちょっとだけ内容を云うと、なんとなんと「ユーガット」では初めての「クラシックバレー」が登場します。その踊り手は、弱冠24才。驚くなかれ、アンナ・パブロワの18番「瀕死の白鳥」が踊れちゃうのでありますぞ! もしかしたら、それをナマで見せていただけるかも知れません…ハイ! こんな機会は滅多にありませんぞ。

それと、おもしろいクラシック声楽家が登場します。弱冠26才。歌を聴いて下さいませよ、「うっそ~~」の連発をしていただけるはずです。「ユーガット」のレギュラーになるかも…と、ボクは勝手に期待しています。

「ユーガット」のコンセプトは、カラの舞台で、ナマ声、ナマ歌、生演奏です。雨宮さんたちの演奏は、今回弦楽器も入れてみようと張り切っています。

では、皆様。詳しくなり次第、またお知らせしますね。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2014-01-30 13:00 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル