その後の「スカイラインGT-R R34型」

先週、鹿児島から電話が入りました。懐かしい声で、「お元気ですか?」と。
相手は、スカイラインGT-R R34型を購入したディーラーさんのご主人でした。
e0013640_5103350.jpg
      ≪鹿児島から届いたクルマは、写真と同型。ボディカラーは、ソニックシルバーです≫

ボクの大病は今年1月に発見されて、すぐに入院。およそひと月、病院での生活は莫大な暇をボクに与えました。なので、暇がおそってくるたびにPCノートで「GT-R情報」を検索。そうこうしているうちに、出逢ったディーラーさんが鹿児島県のご主人だった…というわけです。

鹿児島から東京まで、クルマの輸送を無料でしていただき、その上、奥様からは地元名産の「薩摩揚げ」まで送っていただきました。退院後、初めていただいた日本の味でした…。

ほんの些細なご縁でしかなかったのに、これほどのおつきあいが出来たのも、鹿児島に住むご主人の人柄。商売を超えたお付き合いをさせていただき、感謝です。
ところで、久々の電話によると、「GR-Rの以前のオーナーさん」が喜んでおられる、との報告をいただきました。鹿児島を走っていたクルマが、いまは東京を走り回っていて、大事に乗っていてくれているようだから、とってもうれしい、と伝えてください、のことでした。

九州しか知らなかった「GT-R34型」が、ふとした縁でいまは東京を走る。銀座、浅草、渋谷、青山、代官山、神田、神保町、秋葉原、本郷…。ボクとともに走る。
そして、栃木・日光に行ったり、新潟・直江津、福島・仙台にもボクを運んでくれた。

ありがたい。

ボクが元気になってきたのも、この車の運転にも原因があるかも知れません。「スカイラインGT-R R34型」の運転は全身運動です。とくに、両足と腰はオートマ車を運転する時とは比べものにならない運動量です。スカイラインGT-R R34型の運転が出来ることだけでも、体が健全になっている証拠。

いまではボクの日常生活とは切り離せない「スカイラインGT-R Vスペック R34型」です。
人との出逢いがボクを健康にしてくれます。

ところで、さあ…。
「スカイラインGT-R R34型」を乗ってる諸君、このクルマのミッションはスゴイよねぇ…。すごすぎ、ですよ、まったく…。堅いし、バシッとギアとかむでしょ、あの感じがスゴイ。ただし、バックするときは不便なのよね、あれ、なんとかなんない…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2013-12-09 05:12 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル