伊藤大輔さんの脚本と出逢ったのは…

最近は読書ばかりしています。
きっかけは来春3月の「ユーガット」の台本を書くために、取材かたがた神保町を歩き回ったせいです。

本を読んでばかりいると、体を動かしている時間が少ない。食事もいい加減になり、本を読みながら食べる。おかゆを炊いてもらい、ふりかけだの佃煮をのせていただく程度。こんな食べ方なので、あちこちこぼしたり…で、まるで幼児の生活かと言われそうです。
お恥ずかしい…。

そんなこんなで、学生の頃より読書時間が多いような気がします。
こうして、朝7時過ぎには起床する日々が続いています。起きると洗顔してすぐさま珈琲を入れる。インスタント珈琲を入れるのではない。珈琲問屋で購入した豆を選びます。酸味系が好みのボクなのですが、たまには自分でブレンドもしてみます。香りを楽しみながら時間をかけて朝の珈琲を作るのがこれがまた、ボクにとっては贅沢な時間なのです。
出来立ての珈琲をマグカップに注ぎ、そのまま持ってPC部屋に直行。PCをオン。メールを読んだり、新聞社のサイトで今日のニュースと経済状況をさっと読む…。
そのあと、新鮮な珈琲の香りを部屋に漂わせて、アマゾンから届いた古本をあたかも子供が贈り物をもらったような気分でページを追いかける…。ついでに、BSで「MLB中継」をオンして「10月決戦」も流しておく。そっちもまた、気になる…。

学生時代とは明らかに読書傾向が違っていますね。物語や戯曲はほとんど読まない。もっぱら、大野晋、白川静両先生の言語学、文字学の世界に思考を巡らす時間に、贅沢さえ感じています。いまは、白川先生の「文字講話」を読んでいる最中ですが…。

皆様もご承知の通り、白川先生は90才を過ぎても教鞭を執っておられました。伝えることへの情熱というか学問する楽しさを先生ほど身を以て伝え続けた人をボクは知りません。.ボクにとっては、見習うべき人であり、尊敬する人でもあります。
先生がいなくなっても立命館大学では「白川静リサーチ」が現在でも継続していますし、白川先生の講義や書簡などをのこして活動している「日本文字文化機構」も活動をし続けています。
すばらしいです、先生はここに生きています、ね。

最近は小説や戯曲は読まない、と書きましたが、今になっても「伊藤大輔」先生の台本だけは読んでます。時代劇の、あの言い回しがなんともボクの性分にあうようで…。ふざけ半分で、親しい仲間と話しているとき、突然ボクは時代劇の台詞のような会話して相手を驚かせては、ひとり楽しんでます。自分の創る舞台でも、なんでここで時代劇の台詞なのよ…と、観客が不思議がるのを楽しむこともあります。それほど、ボクの中にはいつの間にか、「伊藤大輔の世界」が入ってしまったようです。チャンバラ好きの子供だったからなのか…。
学生時代は戯曲、台本を勉強していたので随分盛んに読んだものです。とは言っても、当時から自分が好きな作家しか読まないという不届き者ではありました、ハイ。
e0013640_125228.jpg
            ≪伊藤大輔氏 昭和40年頃 書斎にて≫
        
何を今更、と言われても仕方ないですが、「伊藤大輔」と言えば、我が国の映画界で「時代劇」の分野の基礎を創った人ですし、舞台にも影響を与えた人でもあります。彼がいなかったら、黒澤明監督の「活劇時代劇」は生まれなかったかも…。
台詞の「発音指導」から始まって、「御用提灯」の使い方等の細かい指示も伊藤大輔さんが先鞭をつけましたね。
今になって読み返すと、意外な発見があります…。

例えば皆様もよくご存じ、時代劇の代表作にもなっている「宮本武蔵」の全五部の作品は、昭和36年から40年まで一年1作品のペースで東映の製作で、内田吐夢監督がメガホンをとった作品です。脚本は、ボクの大学の大先輩でもある鈴木尚之(なおゆき)先生の執筆でした。

e0013640_128119.jpgただし、中村錦之助主演の「宮本武蔵」には、もう一本「真剣勝負」という作品があります。この作品だけが東宝で制作され、監督は内田吐夢先生ですが、脚本は伊藤大輔さんでした。

伊藤大輔先生と中村錦之助(後、萬屋錦之介)のコンビは大変に長い。
錦之助以前は、阪東妻三郎や嵐勘十郎、大河内傳次郎、片岡知恵蔵たちと時代劇を制作していました。
宮本武蔵のイメージは、いまでは誰が演じても同じようなスタイルですが、この「武蔵」のイメージを創ったのは、他でもなく、伊藤大輔イズムとでもいいますか、それを土台にして中村錦之助と加藤泰、シナリオ鈴木尚之のトリオによる「武蔵完成」の実現です。こんなことも想い出しながらいま、「反逆児」の台本を読み返しています。学生時代とはまったく違った印象で読める自分が清々しい。

映画で育ったボクは、大人になったら言語世界に没頭しています…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2013-10-11 01:31 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル