あたかも、学生生活

ここ最近はタイムスリップして、学生生活に戻ったような日々が続いています。

現に今日、銀座に行きました。買い物ではありません。万年筆の修理で、銀座まで行ってきました。学生時代に購入した「譜面書き用」のモンブランが故障です。インク挿入が出来なくなっちゃったのです。まあ、長い間がんばってくれたペンなので直したかったのです。
神保町の文房具店で修理を頼んだら「モンブラン販売店でないと出来ない」との返事。なので、日本橋にある丸善に行きました。
でも、ここでもダメで、「銀座のモンブラン販売店に行ってくれ」とのこと。なので、銀座に行くことになったのです。
で、修理は出来ます、とのこと。一安心しました。でも、修理代は当時ボクがこのペンを購入した価格よりもはるかに高額でした。「このペン先はもう造っていません。貴重なペンですね」と、販売店の店員さんが教えてくれました。

さて、せっかく銀座まで久々に来たんだから「資生堂パーラー」のレストランで食事をしよう、と。
「鴨のオレンジ煮」が食べたくなったでありますが、行ってみたらすでにお店は10年前にリニュアルして、豪華な雰囲気。ボクは10年間もこの店に来てなかったのです…。
メニューもずいぶん変わっていました。なので別の鴨料理にしました。それでもさすがは資生堂パーラーです、旨かった、ですねぇ。
友だちは、資生堂パーラーの伝統的味の「カレー」食べてました…。相変わらず、旨そうです。旨いと言うと忘れてはならないのが、ここのサラダ。特別です、いつも感心しますが大変美味しいですねぇ。
友だちは「こんな贅沢は久しぶり。ここに来るんだったらもっといい服装にしたのに…」と、それなりに楽しんでいる様子でした。

銀座に行く前、神保町で「牧野信一全集」と岩波書店の「新日本古典文学体系」全100巻と別巻5巻の105巻と、「樋口一葉全集」と中島敦関係の書籍などを購入。個人全集がこんなに安くなりすぎて、哀しくなりました…。
でも、ボクの回りには読書好きの友だちが多いので、こうした本を事務所に置いておけば、みんなで読めますから、ね。

3月の舞台の台本用に取材のつもりだったのに、いつの間にか「古本」に目が向いて、まるで学生みたいなボクです。ボクの命の恩人、エガワ先生も笑っておられました…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2013-09-27 22:18 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル