十数年ぶりの「仲間たち」

昨日の晩、自宅にあるはずの本を探しに戻ったのですが…
時間をかけて探したのですが、案の定、見当たらない。学生時代に使っていた本を今度の講義で使ってみたくなって探したのですが、何処に紛れ込んだものやら… 目立たない薄い本なのでいっそう探しにくい。
見つからないなあ…また、買い直そうかと気持ちを一区切りつけました。

隣の棚にはレーザーディスク。
3000タイトル以上あるLDは、家の中だけでは収まらないから、大部分は倉庫にしまってあります。気になった映画や音楽関係だけは本棚の隣の棚に残しておきました。
目当ての本が見つからないから諦めて、隣のLDを久しぶりで取り出してみました。
すると…

e0013640_16495233.jpg懐かしい映画が飛び込んできました。その中で、特に目に止まったのは…
「アイリスへの手紙」(原題:STANLEY&IRIS)’90年のハリウッド作品です。
この作品は日本では話題になることもなく、消えて行きましたがジェーン フォンダとデ ニーロのオスカー俳優同士の初競演ということもあり、ボクには忘れられない映画のひとつです。日本では未だにDVDになることもなく、ビデオ屋さんでも置いていないかもしれない。
昨日、久しぶりに自宅で見ました。後味のいい、大人の物語です…

リチャード ギアの「マイルズ フロム ホーム(’88年)」も出てきたので、これも近々見直そうと思います。
この作品には、多くの名優たちが参加した作品だったし、それまでのリチャードの軽いイメージとは一転して、俳優としての力量がうかがえたことも思い出になっています。
ともに、素敵な台本だった…

この映画が登場した頃のボクは…
記者生活と作家生活を卒業して、独立した頃でした。こうしてふり返ってみると、まるで昨日のことのようです… 銀座通いもさようならしたし、麻雀だの競馬だのもまたさようならした頃でした。
30歳で経団連会長の斉藤英四郎氏、松下幸之助氏らの経済界のトップとの単独インタビューをとりつけて記事にしていた、若く、生意気盛りのボク…。

あれから、もう15年以上が経ちました。いまの仕事を通して出逢う人たちは、記者時代では絶対に会うことのない人たちです。サラリーマンや街の小さな商店の経営者、学生に田舎の人たち… 
ノロだし、気は利かないし、覚えは悪いし、すぐ黙るし、泣くし、しないし、できないし…。 挙げ句の果ては、口から出任せばかり言う人たち…
なんでこんな連中と付き合う羽目になっちゃったのか、あ~~あ。
そのたびに、ボクはガナってきた。「やれ! いま!!」って。少々、度が過ぎたかなって思うことだってありました。

e0013640_16504672.jpg

そんないま、「同窓会」なる企画をひとみちゃんと秀さんが中心になって、全国に散在している元の仲間たちと連絡をしたら、なんとまあ30人以上が赤坂に集まったのです!
彼らのシェアを聞くと、あっという間に10年以上の歳月はあの頃に戻って、静かな場を創り出して、みんなが聞いていました。当時の雰囲気が再び復活でした。
あれだけ怒鳴ってきたのに、ボクの顔を見るなり「会いたかったです…」なんて言われちゃったら、ボカァ~~感動ものでしたよ、ハイ。

新宿で歌ってるタニやんは奥さんになってもらいたい人に、やっと出逢えたとのこと。
学生みたいだったサカグチ君と絵の上手なイシハラ君は、すっかり叔父さんみたいになっちゃったし。
太陽で~す、とはしゃいでいたユキちゃんは今や母親です。
みんな元気そうです。生きてる、生きてる。はつらつとしていました…が、ひとり、元気不足はニイミ君…。お仕事が大変だと、その風貌からうかがえました。

まあ、とにかく楽しかったです、ボクは。みんながそうなように、ボクもそれだけ年を重ねてきたと言うことです、ハイ。

そう言えば、今日6日はボクの誕生日でもあったっけ…


e0013640_16502042.jpg

…まさみ…
by masami-ny55 | 2005-12-06 16:54 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル