優駿の続き

いろいろとお尋ねが多いので、メールでの返信では字数が足りません。
なので、ここに記載しておきます。

FR車とFF車の違いは、
FR車とは、フロントエンジン(運転席の前)/後輪駆動(後ろのタイヤがエンジンからの力を使う)
FF車とは、フロントエンジン(運転席の前)/前輪駆動(前のタイヤがエンジンからの力を使う)

です。
例えば日産では、
あのものすごい高級車に変身した「シーマ」。ボクは「シーマ3世」まで乗り継いでいましたが、この「3世」が一番運転して楽しかったですね。まあ、そんなことはいいとして、セドリック、グロリアの後継である「フーガ」、そして「スカイライン」シリーズ、「フェアレディZ」シリーズは全部FR車です。高級車とスポーツ車はFR車として日産はユーザーに提供しています。
ティアナ、シルフィ(ブルーバード)、ラティオなどとエルグランド、セレナなどのワゴン車などは、FF車です。

名古屋のクルマも、日産のラインナップを参考にすればおわかりになるでしょう。
特記事項として、青山のクルマは全車種FF車のはずです。ホンダさんが創っている「CR-Z」がいま若者たちの人気車ですね。
e0013640_1531116.gif
値段も260万円程度などで、5年生以上のサラリーマンでクルマ好きなら、検討するクルマでしょう。このクルマの人気は、スポーツ車なのに燃費がいいと言う点です。
リッター25キロは走ると言われています。実は、このスポーツカーはハイブリッド、です。
ホンダさんのクルマ造りは、「エンジン」と「電池」のハイブリッドにしてあるけれど、主力は「エンジン」である、というコンセンサスでクルマを創っています。「バッテリー(電池)」は、あくまでもエンジンの補助、という位置づけがホンダ車のハイブリッド車です。
ということは、名古屋のクルマ屋さんのようにハイブリッド車とは「電池」が優先する、との設計とは、圧倒的にハイブリッド車の造り方が違っているということです。
「バッテリー(電池)」の消耗はどちらが多いかは、ここで書かなくてもおわかりでしょう。
また、ハイブリッド車は「電池」に依存しているので、乗らなくても「電池」は使われています。乗っても乗らなくても、ハイブリッド車は「電池」に負担がかかっていますから、負担が大きいほど「電池」の消耗は激しいのです。

ハイブリッドは経済的という考え方は、大きな間違いです。ハイブリッド車は「バッテリー(電池)」交換のとき、どれたけの費用がかかるのか、新車購入時にきちんと説明を受けているユーザーはどれほどいるのか、と疑問に思うほどです。「CO2」の環境問題と「経済」とは、別の話のはずですよ、ね…。お金がもったいない、燃費がいい、環境によい、というのなら、いっそ、あなたたちはクルマ造りを止めなさいよ、とボクだったら言いますね。そんないいかげなクルマを運転したくないよ、と言いたくなります。
ところで、名古屋のクルマ屋さんが昨年から、大変おもしろいスポーツタイプのクルマがされましたね。昔あった「トレノ」というタイプの後継になる「86(はちろく)」です。
e0013640_16135341.gif
200万円からあるので、サラリーマンには圧倒的人気車でしょう。とくに「86Gタイプ」は売れ筋のようです。ボクは名古屋のクルマ屋さんからクルマを購入したことがないのでよくわかりませんが、だいたいがオプションになっているようですね。本体価格に、ナビとかオーディオ関係とかを追加するという買い方のようです。確かに「86」はおもしろそうです。1.2トンと車両重量も軽い。2000ccの200馬力、6速ミッションでFR。まあ、本格的なレースに出るわけではないから、この程度のパフォーマンスさえ揃っているから、市街地や地方道路を走るには最適でしょう。軽いから運転しやすそうです…。
と、書いたのですが肝心なことを書き漏らしたので、追加して書きます。お許しのほどを…。

このクラスの車で現在一番の注目車を書き漏らしたとは…お恥ずかしい。
e0013640_23183856.jpg
そうですね、2012年3月に発売されたスポーツカー「スバル BRZ」(富士重工業)が売れに売れています。首都高では、実によく見かけます。ここ数年来、かつての商用車のバンがなぜか家族のマイカー並みに売れた時期があります。空気を運んでいるようなクルマがなぜあんなに売れるのか、ぼくにはわかりませんが…。その一方で、ボクたち世代の頃と違って、クルマを楽しむ青年たちが少なくなったそうです。まあねぇ、バンみたいなクルマに乗っていたら運転の楽しさは体験しないので、そうなるのも当然なのでしょう。「若者のクルマ離れ」から、スポーツカーは月100台売れればいい方と縮小気味の市場といわれていたんだそうです。
それが月販目標5倍以上、年間6806台(12年度)、一時期は、納車待ちが最大8カ月待ちと、大変な大ヒットで、この快進撃は今も続いているそうです。

しかし、このクラスのクルマ造りなら、日本では日産が「お家芸」だったはずです。
小型エンジンで、車体を軽量化して、パワーを最大に引き出す…との、パフォーマンスは日産の伝統技術だったはず。いま、日産だけが「若者たちのクルマ市場」に出馬していません。だからボクは逆に不気味なのですよ。タイミングを見計らっているのか…。いずれにしても、ようやく日本車がおもしろそうになってきましたね。

名古屋のクルマ屋さんは、必ずしも「エコエコエコ」って言ってばかりではなさそうです。
こんなCO2丸出しのクルマだって売るのですから…。
肝臓病が多くなった…、酔っ払い運転が多い…、アルコール依存症が増えている…、と酒造メーカーをいじめる人たち。だったら、お酒をこの世から消しなさいよと、ボクだったら言いますね。

この世に存在するすべての機械は、機械にすぎません。
この鉄の塊に息吹を吹き込むのは、使う人の人柄でしょう。
人柄が機械をただの鉄の塊ではなくします。
人生を豊かにしたいと願う人と、生活を楽にしたいという人の人生は違いますね…。

クルマの選び方にもその人柄が表れます…。
ボクの叔父は、新潟県出身でその後山本五十六元帥と同じ高等学校を卒業し、名古屋のクルマ屋さんに就職しました。「クラウン」の開発チームにいました。戦後日本の自動車開発技術では、「ミスタークラウン」と呼ばれた中村健也さんとともに開発室でせっせと設計していたのがボクの叔父だ。
とても人柄のいいおじさんだった…。
「コロナ」を開発して販売したときは、叔父さんは真っ先に実父に見せに来ていた。

ボクが大学を卒業する年には、赤坂にある名古屋のクルマ屋さんの販売店社長が実父に会い、ボクを就職させようと画策していたことも知っている…。
そんなこんなで、ボクは本来、名古屋のクルマ屋さんに肩入れする人生を歩むのが自然だったのかもしれない。

でも、ボクは自分の人生は自分で「運転」したかった。そう…したかった。だからいまがある…そう、思います。

さてさて。
質問がありましたっけ。
4WDに関して。四輪駆動(よんりんくどう)とは、「four-wheel drive」 の略で4WDです。

自動車の駆動方法の一種で、4本の車輪すべてに駆動力を伝え、4輪すべてを駆動輪として用いる方法のことです。
砂・泥濘・積雪・凍結路など不整地での駆動力が高まり、走行が安定するというわけです。知られているのは軍隊で使って使っている「ジープ」が、4WDですね。
急角度のコーナーを回るときなどは、圧倒的安定感を感じさせますよ。なので、スポーツ車にも使われます。


また、こんな記事を書きますよ…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2013-06-13 15:14 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル