ヨン様のお部屋で

実にすばらしい日が続いた。

仕事の成果はもちろんだが、今日もひとり、釜山を逍遥する。
一昨日はバスと電車を使って初春に訪れた街々をまわり、昨日は海側をバスと徒歩で行く。
そして、今日はまださほど馴染みのない海雲台を散策してみた。海雲台の街は旧都市釜山にしてはモダンな現代建築が並ぶおしゃれな土地柄だった…。

習慣的生活感とでも言うか、ボクはNYにいたときもそうだが大体が学校近くの街並みを好む傾向がある。ボストンでも、サンフランシスコでもそうだった。大学の付近はなぜか安心感がある。
マンハッタンの地図はNYUのビレッジを中心にしてNY全体を覚えた。初めてのソウルでも、結局観光地よりもソウル大学があった劇場の多いテハンノが性に合う。

ここ釜山でも、釜慶大(ブギョンデ)付近をほぼ毎日、うろうろしている…。
昨日は大学正門を背にして、はじめてひとりで左に歩き始めてみた。初春に一度だけ行った「豆腐専門店」を探してみようと思った。途中、知人に確認電話をして道を尋ねたが、知人も「エッ? 交差点があるって?」と、いい加減…。仕方がない、薄らいだ記憶の旅をし続けた。そう、あのチュンサンのように…。

見つけた。あの「お店」だ。地元のおじさんやおばさん、タクシードライバーが集う地元のお店。で、なんとまあ、釜飯は五穀米で、もうひとつの黒い土鍋は火山口のごとく熱で汁が沸騰している。店のおばさんがまったく韓国語が話せないボクに片言の日本語で「ナマタマゴ」と言いながら、沸騰を続ける土鍋にいれなさい、と言う。

おいしい。絶対に日本観光客はこうしたお店が好きだろうから、知られたら大変だ。値段が上がるからだ。
ボクの食べた「白豆腐鍋」は、5500ウォンでしかない。珈琲とほぼ同額だ。

「うまいなあ」とうれしそうに食べていたら、また別のおばさんが来て、「チャプチェ」と、できたてのあたたかいチャプチェののったお皿をくれる。

甘くて、この鍋料理にじつに合う。またしても、今度はレジのおばさんが来て、小皿を運んできた。食べてみたら「昆布の甘漬け」だった。これが、気に入った…。
ということで、至れり尽くせり。
帰りに500ウォンのチップをレジのおばさんに渡したら、とても大声で笑ってくれました…。今度はまた、知人と行こうと思う。


さて。
今日のことだった。海雲台に行く目的は散策もあるが、実はボクが韓国ではじめて地元の経営者と会食するためである。
ボクは自分でも雑談は得意だとおもっている。が、今日は徹底して聞き役に回ろうと思った。そんな心の準備をして約束のお店に着く。
そこには韓国ドラマで見る「伝統的屋敷風」に造られたたてものがあった。入り口の門には、社長さんがボクと知人を出迎えてくれる。礼を尽くしてくださる。
知人は「会うお店は焼き肉屋さん」というが、まったく印象が異なった。ただものではない、このお店は。案内してくれた店員さんが「ヨン様も来られました。このお部屋です」と、ボクが通された部屋はその部屋。

柔らかい。話も弾んだころ、仕事の内容を伝えたら社長さんとその友人(この人も社長さん)とその夫人、そして、そして同級生の4人が全員「参加しましょう」と言う。

感激と同時に、緊張が走った。そして、すぐに東京の事務所に連絡した。
けれど、東京の仲間たちは誰ひとりとしてボクに電話もくれることはなかった…。

まあ、いつものこと。こんなものだろう…。

ここ韓国では、いい日が続く。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2012-10-13 00:48 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル