夏が過ぎる

ボクの夏が終わった…。

この舞台が終わると、いつものように、ひとりにもどる。
板橋の桜並木から蝉の声が間近に聞こえてくる。まだ猛暑が続く東京で、いつもの通勤途中で缶コーヒーを買ってクルマを走らせる…。なにもなかったかのように、変わらぬ姿で桜並木を走り抜ける。
この実感が、ボクに夏の終わりを告げる。

芝居の後片付けをし、遠方から来た友だちを見送り、あとはいつものようにお風呂屋さんに行く…。


ご来場頂いた方々から暖かいお言葉が届いたのでホッとしている。

今回は由起しげ子さん原作の「女中ッ子」を題材にしたことから、今までになくレトロ調に仕上がった。
昭和33年という設定でしかも、本公演では珍しく音楽は唱歌のオンパレード。
ハッキリした物語なのでお客様の反応が気になっていた。今までのようなクラシックのアリアやアニメソング、ミュージカルソングに流行歌が入り交じった舞台とは随分印象が違っていた…。10回目でがらりとモデルチェンジした、ということだが果たしてうまくいくか不安だった。

楽しさを押し出した今までとは違った台本なので、稽古場では役者さんたちから熱気を感じた。
台詞の方向性、全体の流れでの個人演技、ウケの芝居の重視など、台詞と心の一体感を要求し続けた。とくに「ハツ役」の蘭ちゃんと「女中ッ子」みーちゃんには。
その稽古ぶりが全員に伝わって、剣豪「本多源蔵」のキャラクターが生まれました。台本では、台詞の数は極端に少ない。けれど、困難な言い回しが続く。視線の方向性と身体の向きでも場面の意味が違ってしまうという微妙な役どころです。台本の台詞どおりでは、ヘタをすればただのおちゃらけシーンになりかねない。それだけはなんとしてもボクは避けなければならない。
この要望に応えてくれたのが、水野栄治さん。さすがは、JAC出身だ。要望どおりの演技をしていただけた。おかげで、ねらいどおりの剣道場シーンを創り上げることが出来た。ありがたいことです。

坊ちゃんのお兄さん・良治に扮したのは、今年日大芸術学部演劇コースを卒業したての矢部ッチ。
大学時代はみーちゃん同様、日本を代表する演出家・加藤直さんの秘蔵っ子でもあったことをボクは知っている。
その矢部ッチに「曹操の短歌行」を原文で朗読させた。このシーンはボク知る限り、おそらく我が国初の台詞まわし、だったはずです。日本人だけの舞台で、中国語の原文で「短歌行」を朗読したのは、本公演が初めてでしょう…。
本公演で中国語を始動してくださった上海から来られた尾藤埼さん。埼さんのご両親とそのお友達がわざわざ本公演の「短歌行シーン」を見に、上海から来られたのは感激でした。2回目の公演で、「短歌行」の一節ぶんを朗読したとき、観客席から大きな拍手が鳴りましたが、それは上海から来た中国のお客様からだったと、後で聞きました…。そのうえ矢部ッチは、ラストシーンの「ヘンリー5世」の4幕3場の台詞を、「この物語(女中ッ子)」に託して演技しました。まあ、おいしいところを全部独り占めにした役者ってことになります。そのせいか、あとから「矢部君が主役なの?」と聴きに来られた人がいたくらいでした…。

昨日、座長のヤマちゃんから電話がありました。「バランスがよかった」とのコメントです。ボクもそう思いました。三千代さんや蘭ちゃん、ヤマちゃんと岡田君に中西君のベテラン陣とみーちゃんを軸にした若手組・伊藤君に矢部ッチ、ソプラノの厚澤さん。このまじり加減がほどよい味に仕上げてくれたということでしょう。

三千代さんと蘭ちゃんの競演シーンは素晴らしかった…。

数々のシーンをまたひとつ、ひとつの想い出になってボクの夏が過ぎました。
また来年の夏、みんなと「手紙」で会いましょう…ねッ。
約束、約束。

感謝!
e0013640_1928046.jpg



…まさみ…
by masami-ny55 | 2012-08-26 19:28 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル