韓国の大学は新学期

明日ここ釜山を発つ。

13年6ヶ月、釜山の大学で日本語講師をしている女性とお会いした。ブタ先生の大先輩である。その前にも3年ほど韓国で同じ仕事をしていたという。
「欧米文化に馴染んでいたのに、ここに来たらすっかりハマッてしまって…」と言う。ボクの仕事にも関心を示してくれた。日本人としての自分と韓国社会とのつながりを彼女の実生活からシェアしてもらった。
来週、10人程度でまた釜山に来るがその節は彼女をみんなに紹介しよう…。

今回、たくさんの人たちと出逢った。ブタ先生のおかげである。ひとりだけ病気で会えなかった人がいるが、また会える機会を創ってくれると思う。

ところで、ボクはいままでなぜ韓国を遠い国にしてしまったのか…考えざるを得なかった。この女性のようにあまりにも欧米文化にボクは染まりすぎていたのかもしれないし、偏見もあったし、高慢な自分だった…。
すでに日本国内で失ってしまった「情感」としての生活がここにはちゃんと残っていた。かかわる努力を怠らない。けっしてご都合主義的教育を若者にはさせていない。間違いなく、愛情を持って学生と接している。それを学生は承知している…。

ブタ先生とこの先生が、「あの子、帰って来ましたよ」「そう、気になってたけど戻ってきたんだ」と、まるで我が子が帰って来たかのようにふたりでよろこぶ。

大学は今日から新学期ときく。先生たちの声が教室に響き渡る…。



…まさみ…
by masami-ny55 | 2012-02-27 22:08 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル