直江津の旅と味

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が 白くなった…とは、いかなかった。

今日、ボクにとっては早朝の8時30分に板橋のアパートを出で、新潟に向かった。
新潟とは言っても、山陸の雪深い十日町などの飯山線沿線ではなく、ボクには北陸のイメージが強い直江津への旅だ。新潟県にはその昔、越後と呼ばれていたけれど、ボクにとって直江津は北陸のイメージ強い。日本海の荒波を渡って海の幸を陸揚げする男性的な漁港との印象だ…。

それでも都会育ちのボクには、新潟は「清水トンネル」を抜けて行くので、確かに「雪国」というイメージはある。だから、このまま普段通りのスカイラインで突っ走ってもいいものか、という懸念はある。でも、相手はボクがクルマで行くことを知っていてもそのことに関してなにも言わなかったので、そのまま運転することにした。
練馬から「関越道」でいく。途中、日本最長の「関越トンネル」を通る。10キロ以上はある。学生時代の夏に散々登った八ヶ岳を、くりぬいたトンネルとして話題なったがその事実がボクには当時ピンとこなかった。「八をくりぬくなんて、ひでなぁ」と思ったことを覚えている。まあ、とにかく日本の技術力には関心したが…。
そして今日、その長いトンネルを抜けたら、「雪国」はまだなかった。
11月末だというのに関越道の路面は平常だった。スキー場には裸のロープウェイがそのまま動かずに長く伸びていただけだ。だが、遠く見える山々は真っ白に雪をいただいていた。冬の空が透き通り、眩しい。

藤岡から左に折れて「上信越道」に入り、そのまま上越方面の「北陸道」を走り続けた。
上越に着いたら、友だちが待っいた。
「お疲れ様でした」
「めし」
「そうしましょう」

目指すは直江津港の魚たち。直江津駅前の道にはシッターが下りたままの店が続く。かつての繁栄の名残だろうか。港にも漁船は少ない…。なんだか川端先生の物語よりも、清張さんのイメージになった。まあ、いいそんなことは。

さすがです、地元の小料理屋さんに案内してくれましたが、ボクが手洗いで歯を磨いたり、顔を洗っている間にヤッコさんはすでに「お刺身」を注文済みでした。ボクは東京感覚だったので、「刺身か…盛りつけは派手だがどうせ少しだろう」との考えがよぎって、「なんか、喰うか」とメニューを見た。

見たが、すごい。なにがスゴイかって、お膳物の質と量だ。更には、東京育ちのボクから見たら、このお料理の数々は明からに2000円以下では永遠に食べられない超贅沢三昧。品は書かない。すごすぎた。ふだんさほど食べないカナちゃんは「お魚には目がない」が、「きゃあ、スげぇこれ」と歓声に近い悲鳴を上げながら、地元の高級魚白身魚の10品お刺身は元よりのこと、あれよあれよという間にほぼ完食状態。
1品料理で「蟹みそクリームコロッケ」と言うが目に留まった。それを2個注文。「蟹クリーム」ではない、「蟹みそクリーム」という書き方に興味が湧く。ハンバーグ大の大きさだ。いただいたら、中身は全部蟹さんだらけ。贅沢この上なしの1品。たったの500円。これ、もちろん実話だ。
とにかく、1人前のお膳料理をいただいたら、他は注文しても食べきれない。なので、いろいろ食べてみたい人は、10人とか、20人で行くべきだ。シェアした方がいい。
お刺身の包丁の入れ方が違うのだ、伝統ある港街のこと、男性的です。都会の2切れが1切れになっていましたから。

「次は?」
「風呂だろ、聞くなよそんな当たり前のことは」
「だろうと思いまして、すでに手配ずみです」

直江津の天然温泉へ。手ぶらで行く。
390円ということは、東京の銭湯よりもお安い。
いい温泉だった…。

「次は、茶ですか?」
「そういうこと」

直江津最大のホテル、そのレストランへ向かった。物静かな高級レストランなので下世話な話しもママならず、珈琲1杯まで。

「また来る、絶対」
「是非是非、お待ちいたしております」
冗談はさておき、友だちの母上様には、至れり尽くせりのご配慮をいただき、感謝でいっぱいだ。
帰りには「こしひかり」までいただいた。

帰りは、上信越道から関越道、首都高板橋まで近道を使った。4時間足らずで到着できた。
絶対にまた行く。この体験を活かして、今度は欠食児童・カッパとチビ丸・オノッチ、美食家・ユウコちゃんに田舎ッペ・ネモコなどを従えて20人程度で行くことにしよう。上越が「雪国」になる前に…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2011-11-27 01:29 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル