東日本大震災、10日目

東日本大震災から今日で10日目。日を追って過去に経験したことのない難題が次々に起こっています。この深刻な状況の中で困難を乗り越えるべく、国とともに一丸となってボクたち職場や友だちはこの難局を乗り切る行動を始めています。

未就職者のための緊急人材育成の学院を創設しましたが、突然の大災害から全国に散在する支援事業の中で、閉講に追いやられたスクールもあります。教室自体が使い物にならなくなったり、講師の故郷が東北だったためにそのご家族の安否の確認などから授業が出来なくなったところもあります。
直接、地震津波の災害は免れたものの人的損失は計り知れません…。そんな状況なかで、ボクたちが出来ることは授業がなくなり、就職のために技術を習得したくても行き場のない参加希望者を引き取ることなら出来ます。現にそう決断した時、電話が鳴り「なんとかして欲しい」と54歳の男性から依頼がありました。国からもらった受講証がありながら、スクールが閉鎖してしまったために授業に参加できなくなったのです。
「直ちにハローワークと連絡を取って下さい。当学院での受け入れはまったく問題ありませんよ」
そう返事をしたら大変安心をなさいました。果たしてこの男性が当学院に来られるとは限りません。別のスクールを探してそちらに行くかも知れませんが、ボクたちは開講するギリギリの日まで受け入れていきます。

事務所はビルの3階です。あの日、新聞社でも使用している鉄製の本棚は、支柱が歪み、本や書類が散乱しましたが、その程度の難ですみました。
そして本日、広々としていた事務所内に壁を這わせて、ドアを2つ取り付け、今までの事務所空間とは一変してまるで、学校の教室のようです…。ボクたちはずっと奥に追いやられて、長細い部屋が出来上がってそのかなで仕事をすることになりました。
心配なのは肝心のPCです。発注してもまだ届きません。あと、14台が足止めを食っているようです。
14台が届けば、OSを入れ直したり、必要な基本ソフトやフォントなどをいれたり。それがすんだら全PCをケーブルで繋がなくてはいけません。その作業はきっと徹夜状態になるはずです。
どうあれ、開講に間に合うのか…それが心配です。
by masami-ny55 | 2011-03-21 23:11 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル