さらば、Y33型グロリア…。V36型との出逢い

一昨日のこと。
平成7年に購入したグロリアとお別れした。16年間、ボクの欠かせない大切な足になって活躍してくれた。走行距離20万キロ、その間大きな故障もなく、事故にもあわず仲間たちを乗せて走り続けた。

戦後50年の節目に東京・銀座にある日産自動車の技術陣が開発した。歴史上10代目になるグロリアだ。この頃ボクはシーマにも乗っていた。現在日産はシーマの販売をやめたがボクはシーマ3代目まで乗り継いだ。シーマ1世のような走りを続けていたのがこのグロリアだった。
VG30DET型 V6 3.0L DOHCターボのエンジンを搭載したグロリアをインパル仕様にグレードアップして時速300キロまでの走行可能車にしておいた。現在でも同車は都内などでも見かける。ミニバン型や、かまぼこ形が全盛の時代の中で、流線型のボディラインは未だにクルマ本来スタイルとしてマニアには捨てがたいクルマなのだろう。先日、友だちを乗せたら「これ、どこの外車?」と聞いたほどだった…。
学生時代からクルマが好きで様々な車種を乗り継いだが、現在主流になっているミニバン型は運転はするが購入はしない。8人乗りもいいが現実にボクはそんなに沢山の人を同時に同乗することはないし、そんなに沢山の人を乗せて気軽には運転できない。
お年寄りなども乗せることがあるが、ミニバン型では乗降の際ドアが高いために苦労をかけてしまうのもイヤな感じがする。その点、セダン型のサルーンなら乗降も容易く乗り心地も安定している。運転していて同乗者との親近感も保てるのがボクの好みと合う。

さて、20万キロ走行したグロリアを手放した理由は他でもない、「保険」だった。
車両保険が限界だと感じた。このグロリアは会社の仲間が新車から乗りこなしていた。10万キロ程度走った頃から、ボクが乗ることになった。その際、ボディの傷を全て友だちに頼んで綺麗にしてもらい、古くなったタイヤを新型に交換。インパル仕様にしたのはこの時だった。それほどボクはこのクルマにこだわった…。しかし、如何せん1995年のクルマ。保険価値は年とともに低下していく。保険料は安くなるが万が一事故をしたらおおごとだ。故障はしなくても部品交換が激しい。昨年もそのことで随分出費した。
「この先を考えては…」と提案してくれたのが、20年以上つきあっている日産の販売員君。そのたびに断ってきたが、今回ばかりは聞くことにした。

そして、新車と交換することにした。
V36型スカイラインである。R34型の真っ赤なスカイラインは手元に置いたまま、グロリアと交換である。
一昨日、日産の店頭で交換した。グロリアに別れを告げてこの新車に乗り込む。まずは初乗りはまずスタッフ。みんなで乗り合わせお茶でも…、と話していた時だ。スタッフの携帯が鳴り、車中で授業申し込みの仕事になった。「縁起がいいねぇ、このクルマ」。さらに、昨日のこと。前進7速を試すために都内高速道路から外環を走行することおよそ3時間。直列6気筒エンジンしか知らないボクにとって、V型エンジンは初体験。静かすぎるのでは…との不安もあったがさすがに2世代超えた車種だけあって乗り味は全く違っている。コーナーの安定感はさすが日産車、サスが強い。「肩口から入る感じ」は日産車独特の安定感だ。くだらないことだが、燃費がいいのには驚いた。都内のチンタラ走りも含めて160キロ走ったが4分の1しか減っていない。ボクは昔から燃費にはさほど重きを置いていないが、それにしても随分経済的なクルマである。あれだけ高速で走り、しかも都内の渋滞でも走ってみたが…。R34型ではこうはいかない。グロリアだったらタンクの半分は減っていただろう。ただ、今まで乗り継いだスカイラインの走りの感覚からすると、おとなしい。V型エンジンのせいか、上品な感じだ。ただ、高速に出ると俄然楽しくなるのは、相変わらずのスカイラインだ。R34型クーペと比べれば少し重たい感じもするが、はやく7速に慣れたい。で、試運転して事務所に戻ったらスタッフが「申し込みがありました…」と泣いている。
感動したらしい。このV36型、縁起もいいクルマのようだ。

ここしばらくは、いままでのR34型とこのV36型の味比べを楽しみたい。
あっ、そうだ。V36型にはボク的には欠陥があった。それは、「禁煙車」だということ。だから、走行するにはボク個人の灰皿がいるのだ。これも時代か…。


…まさみ…
by masami-ny55 | 2011-01-15 08:47 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル