気軽のすすめ

e0013640_536204.jpgどうせ、今日も明日もMLBの試合はないから早起きしても仕方ない。
だったら、いっそのこと夜更かしして溜めていた映画を眠くなるまで見続けようか…
それとも…。

最近、いいドラマが見当たらない。その中でも…
「ネバーランド」のジョニー・デップとピーター少年の演技が見物だが、個人的には脚本が気に入った。
同じく脚本がいいなあ、と思ったのは「ザ・インターブリター」だった。画面とドラマの展開に浸かりきって見られた。ショーン・ペンとニコール・キッドマンの共演という組み合わせも興味をひいた理由だ。
ボクは、この監督、シドニー・ポラックの作品は結局いままでに全作品を見てしまった。
ラブロマンスは「きみに読む物語」か…。まあ、楽しめた。



e0013640_5432370.jpg
気楽に読む本がある。
十返肇の「けちん坊」のような随筆もそうだが、「西遊記」も楽しめる…何度も繰り返しているから、文節を暗記してしまっている。
気軽にと言ったら、宗教家の方々にはお叱りを被るかもしれないが「聖書」も楽しめる。創世記は何度読んでも、大スペクタクルで、うっかりすると眠気が吹っ飛んでしまうこともあった。同じキリスト教なのだろうが、アメリカの友だちから別の「聖書」をもらった。彼はコチコチのキリスト教徒である。なのに、おもしろい人だった…おかげで英語の聖書も、「口語体」と「文語体」の聖書にも関心を持つようになってしまった…。ボクの本棚には、いろんな「聖書」があるなあ。タバコを吸いながら、珈琲を飲みながら読むのだから、神様に叱られる。「ごめんなさい」謝っておきます…

最近の本屋さんは、純文学が全くない。なので、行ってもつまらない。
本屋と言うより、ボクには雑貨屋のように見える。珈琲もあれば、シナモンロールまで置いてあるし…だったら、いっそのこと、我が日本でも「Barnes&Nobel」みたいにした方が、楽しめて、そしてボクのような人間にも役立つだろうに。現に、NYに行くと、数100ドルも本を買い込むのだから。会員になっているから、カードを出すと値引きしてくれるのがまた、楽しい。そして、珈琲コーナーで買い込んだ本をぺらぺらと開けてその場で楽しんでしまう。時間が流れていっても、もったいないとは思わない。



e0013640_545467.jpg
映画でも同じで、疲れているときはあまり考えたくない。
手の込んだ台本のドラマを見る気力がない時は、気休めになる映画を見たい。
一番繰り返してみているのが「You've got mail」。おそらく、100回以上は見ているだろう。この映画はドラマそのものも楽しいのだが、ボクは個人的にロケ地が気に入っている。かつて知っていたNYの街が登場しているからだ。懐かしくなる…
映画の楽しみ方は、そのドラマだけではなくて、サントラにロケ地、ファッション…いろいろある。ボクは、子供時代から役者の「せりふ」を覚えるのが楽しみだった。

寅さんの台詞を真似っこしたりして人を笑わせる。それも、タイミングよく、だ。
最近はテレビCMの台詞を使っている。
「どうする?」
多くの人が、多く使う言葉だ。この言葉が出たとたんに
「アイフル?」って、返答する。すると相手は、ますます「?」となるのが愉快だ。



読む本と、眺めている映画から楽しい言葉を覚える。
そして、早速使ってみる。悪戯精神が必要だが…

e0013640_546144.jpg





…まさみ…
by masami-ny55 | 2005-10-04 05:45 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル