必需品

いま乗っている車は、スカイラインG35型のツードアで、色は真っ赤です。
一日に150キロ以上運転することもしばしばですが、ほんの20キロ程度で終わる日もあります。大雪の東京ならまだしも、多少の小雪程度ならこのクルマで出掛けます。いまでは、ボクの生活になくてはならないものになりました。

カーマニアほどではないけれど、多少内部に手を加えてパワーアップさせました。その結果、310馬力でタイヤ交換すれば時速300キロ程度のスピードで走り抜くことが出来ます。まあ、そこまで実験する気はありませんが常時180キロ以上のスピードが出ることは確かです。
スカイラインは、これで何代目になったか… 乗り継いできたクルマです。新車種はV36型なのですが、未だに買い換える気が起きません。このクルマは、自分の気性にあっている気がします。急ぐときは人一倍急ぎ、のんびりしたければ冷たい缶コーヒーを楽しみ、そしてクラシックからジャズを静かに聴いたりと、静と動のメリハリのきく動作をしてくれます。

一昨年まで、シーマという大型車も運転していました。このシーマも、一世から乗り継いで三世まで買い換えてきましたが、経済環境の悪化から手放しました。引き取られていく姿を見ているのが辛くて、長年付き合いのあるディーラーの方に「事務所に鍵はあるから、勝手に持ってて…」と電話連絡で済ませてしまったものでした。
しかし、そのときでもこのスカイラインだけは、手放せません。
このクルマはボクの生活必需品です。
e0013640_3461362.jpg
人によって、生活必需品は違っています… 
おもしろいことに、そこに各人の人生の主張が現れているように感じます。
で、最近のこと。ボクを取り囲む大多数の友だちは、携帯電話を欠かしません。なぜでしょう? 聞いてみたら
「だって、必需品でしょう」
との答えが返ってきました。でも、ボクは持ってない…。
電話をかけるだけなら、喫茶店でもいいし公衆電話を探せばいい。ボクに用事があるなら、職場や部屋に電話してくればすむ。
記者時代、ポケットベルなるものをズボンに挟んでいた記者がいましたが、ボクは野暮ったく感じて持つことを避けました。第一、銀座のクラブでポケベルがピコピコ鳴りだすと、その音自体がすでに場違いであり、話を中断してそそくさと出て行く後姿が世知辛い…。
同様に、現代の携帯電話も野暮ったい感じがします。

呼び出し音を様々な音楽付きにしたりと、「個人の趣味を生かして」などと大仰なことを言えば言うほど野暮ったく、たかが呼び出し音にどれほどの「個性」があるというのか…大袈裟では、と。
人によっては、呼び出し音が鳴っているのに、出ない。
「ねぇ、携帯が鳴ってるんじゃないの?」
と、心配になってボクが言うと、
「いいの。この人はでなくていいの…」

e0013640_3501835.jpg相手は用事あるから連絡しているのに、なぜ出ない? 身勝手なものです。
「携帯を持たない人は、まわりが困っているのを知らない」
と言う人もいましたが、この人も、留守番電話に伝言を残しても返事は帰ってきません。メールを送っても、返信もありません。
電話に出る人出ない人を、ベルの音で聞き分けるのも、本来の電話の楽しみが失われたような気がします。

1993年に登場した携帯電話には、いまでは様々な機能が付いています。ビデオ撮りに写真撮影、電卓に時計、メモ書きにスケジュールノート。そして、あのメール機能です。電話の代わりに、携帯電話で「手紙」する人たち…。
この方がはるかに経済的だから、というのです。
ふだん、手紙文を書くことのない人たちが絵文字と破壊された日本語で手紙を綴る… 安いから、という理由からだそうですが。
直接相手の声を聞くよりも、電車の中でせっせと携帯電話の小さなボタンを押し続けて「手紙」にして、送る。受けた相手も、これまたせっせとメール返信する…。いかにもこの様子、ゲーム感覚ではありませんか。これでは、人が人と話す姿が消えてしまいます。
混んでいる街の中で歩きながら、話す人。ビルの陰に立ったまま、ひとりニタニタと話す人…そんな姿になる自分はなんとしても避けたいのです。

電話はどうあれ、人と人が声を聞きあう道具でいて欲しいのです。

…まさみ…
by masami-ny55 | 2005-07-05 03:52 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル