こんな出逢いの韓国青年

こういう出逢いもあるんだなあ…と。
なんだか、今年は韓国づいてますねぇ…。

今日のお昼、韓国から来た青年とお会いしたのですよ。彼は観光旅行で来ているわけではないのです。日本で仕事をしながら生活することを決めた青年なのです。すぐに仕事を探すわけには行かないようで、外人登録証なる身分証明書を発行してもらってから、だそうです。そのへんの法的順序はボクにはよくわかりませんが…。
とにかくこの青年とは、ボクは全くの初対面。5年間ほど「メル友」を続けている人からの紹介です。メル友さんは、韓国で日本語を教えている先生をしています。生活を韓国でしているので、教え子たちがたくさんできるんでしょう…。メル友先生とは一度もお会いしたことはありませんが、まあ、手紙の書き味から察しても、明るい性格のようです。
今日の青年は、そのメル友先生からの紹介で会ったというわけです。

聞けば、16日に日本に来たばかりの青年。
到着早々彼からボクにメールが来ました。なので、返信にはボクの連絡先を書き添えておきました。
そして今日の午前中に電話が来ました。メル友先生は「まだまだ勉強不足なのです」なんてご謙遜していましたが、なかなかの日本語です。挨拶はもとより、礼儀正しさや自己表現言語が見事なのです。わずか一年間程度の短期間の勉強でよくぞここまで教え込んだモノだなあ…と、感心しました。

ただ日本語が上手でも、東京都内の地理はまったくわかっていませんよ、ね。地下鉄線の複雑さはNY並みかそれ以上だし。なにせ、まだ来日4日目程度の彼がこの事務所までたどり着けるかどうか…。電話で話していて、これはムリだ、と感じたので最寄りの駅で待ち合わせです。
果たして…。
お見事。二度の乗り換えをして時間どうりに来ていました。

まずはお昼だったので、お茶大近くのイタリアレストランで軽く食事しながらお話です。
「美味しいです、これ」
と先に言われちゃったから、覚えたての韓国語、
「マシッソヨ?」っていわずにすんじゃった…。
で、食事が終わってどこに案内してあげようか…とはいえ、夜まではいられないし。
会社に電話したら、「浅草でも行ってくれば」とのこと。
「ネガ サルッケ」って、言ってみたら「いいんですか」って日本語が返ってきました…。ちと、うれしい。

クルマの中でもダベリングです。仕事のことや自分の家族のこと、日本に来たこと、そのときの自分の気持ち…などなど。

浅草に行っても、観光旅行が目的ではないのでさほどの感動はなさそうです。それよりも、話が楽しいようでした。
「こんなに日本語を話し続けてのは初めてです」
だって。

4時頃、彼の帰りやすい地下鉄駅まで。こういう気持ちのいい青年ならきっと日本で成功するはずです。
ボクの友だちも紹介してあげようかな…。
「タウメ ト バヨ(また、会いましょう)」

人気blogランキングへ
文字をクリックして下さいませ。 ありがとう

…まさみ…
by masami-ny55 | 2009-06-18 18:10 | 日記


東京の日常生活と、仲間たちとの交遊録


by masami-ny55

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Translation(翻訳)

記事ランキング

以前の記事

2015年 10月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
more...

カテゴリ

全体
日記
我がヤンキース
自己紹介
未分類

フォロー中のブログ

空とぶっちゃの日々
松井秀喜選手の「夢」物語

検索

画像一覧

その他のジャンル